なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・キッズ応援ブログ

生きる

アーティゾン美術館 「鴻池朋子 ちゅうがえり」展

旧ブリヂストン美術館。 アーティゾン美術館として新しくオープンしました! やっと行けた〜。 雨だ〜!! でもご心配なく。 東京駅八重洲口から、ず〜っと地下を通って行けます。 地下から地上に上がるとすぐこの景色!来ました〜! チケットはネット予約制…

アメリカの子どもたちが夏休みに通う『サマーキャンプ』って何?

コロナ休校の影響で、短くなった夏休み。東京都内だと、だいたい2週間ぐらいのところが多いようです。 もうすぐ夏休み、といった頃、アメリカ出身の友達と話していて、「アメリカの家庭は、今年サマーキャンプがコロナでどうなるかというのが大問題になって…

地球上から戦争がなくなるのはいつ?

終戦の日に、世界ではまだ戦争があることを思い出す 尊敬している元小学校の先生がいます。 定年後も子どもたちのために仕事を続け、ある時、人に頼まれたのをきっかけに「戦争体験の語り部」を始めたそうです。 悲しいことばかりだから、ずっと話さずにいた…

「ハウルの動く城」という戦争映画

東京の空、ブルーインパルス 本当に本当に暑い夏の日、「戦争」について考えてしまいます。私の祖父も祖母も、そして恩師と慕う先生も、かなり高齢になってから戦争のことを話すようになりました。 「戦争」を経験している世代にとって、深く刻み込まれてい…

制服と自由服、どちらが良いか

今週のお題「お気に入りのTシャツ」 お気に入りのTシャツ 放課後の現場でアルバイトをしていた学生の頃の話です。いつもヘラヘラと笑って明るい男の子がいました。人数の少ない土曜日でもやってくる常連組の1人です。おバカキャラを演じているように見えるこ…

降り続く雨を眺め、祭を継承する人たちを想う

本日、7月17日は本当だったら祇園祭の日だったのですよね。 正確に言うと、山鉾が出ないだけで神事の一部は行われているようですが、これまでの雅な山鉾巡業がなくなり、見学者も少ない様子。関係者が静かに行進する異例の年となったそうです。 …それはそ…

疫病退散!茅の輪ぐるぐる関西編【夏越の大祓】

今年も半年経ちました。 まだまだ新型コロナも油断なりませんが、アマビエとかいろんなものにすがりたくなるのは、昔も今もそんなに変わらないのかもしれません。 関西で打ち合わせがあったことを口実に、疫病退散の気持ちも込めて3カ所の茅の輪をぐるぐる…

人類は小麦の家畜

新型コロナウイルスの流行で、人類の進化とは一体何かを考えた人もいるのではないでしょうか。少なくとも私はそうです。 この地球規模の困難の中、話題になった本をいくつか読んでいますが、その中の一冊にあるフレーズが「人類は小麦の家畜」です。 本を出…

まだその精神状態ではない

今週のお題「外のことがわからない」 久しぶりに電車に乗りました。 混んでない時間ですけれど、つり革持たない、座席に座らない、というルールで乗ってみました。数駅だけど、しんどいね。次から座ります。 いつも通りの電車だったように思いますが、朝はラ…

1ヶ月経ってもう一度バンクシーの絵を見てみよう

「医療従事者への感謝」として贈られたバンクシーの肉筆 男の子が、赤十字が胸に描かれた看護師の人形を持ち上げている。カゴにはバッドマン、スパイダーマンの人形が無造作に入れられている。 bijutsutecho.com 5月の初め頃に、バンクシーがイギリス南部の…

収益なくてもブログを続けることができているのは。

先日、お問い合わせフォーム経由で、「共感しました!」という感想メールをいただきました。約2年、ぼちぼちと続けてきたブログですが、こんなことがあるんですね。 送ってくれた方は「気持ちを伝えたかっただけ。」とおっしゃるので、全文載せたりはしませ…

オンラインアートで感じた「アートは必要不急」

オンラインキッズアートを約2ヶ月やってみた感想 お題「#おうち時間」 コロナコロナでね、大きな予定がいくつか流れたり延期になったり3月はひたすら呆然としていたのですよ。 そんな時に、「オンラインキッズアートクラス」の話が舞い込んできたのです。 w…

絶対何かに見える雲にする。絶対に。

今週のお題「カメラロールから1枚」 イルカとかクジラに見える夕焼け雲の写真がプチ話題だと聞きまして。 私も一つバズりたいものだと、何かに見える雲を探しに行きました。 成果のほどはいかに。 あ〜、これ何かっぽい。誰がなんと言おうと何かに見える。 …

コロナ離婚に至りました。(※妄想)

かれこれ、1ヶ月ほど、人に会っていません。電車にも乗っていません。 予定していたお仕事はコロナの為に中止や次期未定になり、人生の危機に直面しています。 世の中が、自粛&STAY HOMEになり、友達に会うということもなくなりました。たまに電話やZoomで…

【書籍紹介】感染症との歴史は終わらない。人類はウィルスと共に進化している。

新型肺炎、コロナウィルスが流行し始めて、これは100年に1度レベルのクライシス(危機)だと気付いた人たちが、同じコロナウィルスのSARSやMARSだけでなく、スペイン風邪(インフルエンザ)、いやペストだと過去の歴史的疫病のことを取り上げ始めました。 日…

オンライン飲み会、一番気をつけるのは喋りすぎて時間の管理ができないこと

流行りに乗っかろうという、そういうやつです。 やってみる?ってことでZoom飲み会やってみました。 感想 会社の飲み会をわざわざZoomでやる意味は私にはわかりませんが、友達同士ならこんなに楽チンな飲み会はないです。 遅刻していい まずスタートからゆる…

西洋のイースター、日本の春のお話

どれだけ調べてもイースターの習慣はピンとこないのですが、お祭りや行事には古来からの人々の知恵や思いが込められていることが多いと思います。 どうして復活祭(イースター)は春なのか クリスマスがなぜ12月25日なのか。一説によると、日照時間がどんど…

やっぱりテレ東!勉強になります

未来世紀ジパングが終了して、落ち込んでおりました。 www.ma-naru.com さらに2番目に好きだった「ビーバップ・ハイヒール!」という関西ローカル番組も終わってしまいました。 新しい知識を与えてくれる番組が二つなくなったわけです。 世の中コロナコロナ…

新型コロナ除けの赤絵

日本にいるとあまり危機感を感じられないかもしれませんけれども、あちこちの国が国境を閉鎖している今日この頃です。ヨーロッパに住む友達は、ボーイフレンドがパリに仕事で行ったきり帰ってこれなくなったと泣いていました。 私も4月にヨーロッパに行く予…

3月11日を振り返る あの時何してたっけ?

年始に東京での個展を終えて、大阪での個展を控え、実家で準備をしていた頃でした。 「あ、地震!」 揺れ方に違和感。 長い。 慌てて玄関の扉を開け、おさまるのを待つ。 この地震、近くではない。 やばいやばい。嫌な感じ。 テレビをつける。 緊急地震速報…

【使い捨てマスク】あ〜りがとうございます!今、命の一枚をいただきましたけどもね。

買いだめしていますか? 私は買いだめには乗り遅れております。乗ってどうなのか、という疑問もあるのですが…。 コロナ騒ぎよりもずっと前、サランラップやトイレットペーパーを一生分溜め込んでいるんじゃないかというお宅にお邪魔したことがありましたが、…

人類はウイルスに打ち勝つことができるのか!?『パンデミック』

関東某所で物々しく開催された、とある会に参加してきました。 マスク着用!手指完全消毒!! 我々は今、ここに集ったのだ。 ウィルスに立ち向かうために。 …流石に参加人数は前回よりも少なめだったボードゲームの会。全員マスクでちょっと面白い。こまめに…

富裕層が避難を始めたらしい

右も左もコロナコロナ。 もし、子ども関連の仕事を続けていたら、今のプレッシャーに勝てず、心が病んでたかもしれない。現場の皆さま、ご苦労ご心中お察しします。どうか、どうか、乗り越えて…! こんな状況で、大も小もイベントがどんどん中止になり、習い…

足元あったか最強〜マグロ漁船の靴下〜

レトロアパートはひんやり冷えるのでございます。 さすが木造、湿度調整は問題ないのですが、冬は寒い。 マグロ漁船の靴下を手に入れた 先日、ちょっと洒落た作業着を展開するアパレルブランド、SAGYOさんのポップアップショップにお邪魔しました。作業しや…

芸術と若さと男と女

朝の連続ドラマ「スカーレット」がすごい展開なので、毎回ドキドキしています。 すごいドラマです。ぜひ見て欲しい。 ただいま、主人公の女性陶芸家・喜美子と陶芸家の夫・八郎を中心に物語は展開中です。 この二人の工房に押しかけで弟子入りしてきたのが、…

頑張れ、ひとりで帰りたい子どもたち!

今週のお題「応援」 ひとりで帰りたい子どもたち・子どもの自立 子ども、大人っていうけれど、突然大人になるわけではないし、やはりある程度年齢だったり、個々の発達・成長に合わせた「自立」や「自立に向けた取り組み」が子どものうちから必要だと思うの…

スマホdeドック 失敗談

仕事辞めてから健康診断を受けていなかったので、スマホdeドッグを使ってみることにしました。自治体の補助もあったので、ちょっと安かったのです。 届きました。 中はこんな感じ。 事前にウェブサイトにアクセスして、身長体重、生活習慣についての問診を入…

2020年 続・お年玉年賀ハガキが当たらない…!?

今年も来ました。この季節。 www.ma-naru.com www.ma-naru.com そろそろ高額当選がないと私の人生、辻褄が合わない。 オール巨人師匠、宝くじ当たってるじゃん!たくさん枚数買ったのかもしれないけれど、運も味方につけているからあのポジションにいるのか…

阪神淡路大震災から25年、この世の終わりが来たと思ったあの瞬間

毎年この日が来ると思い出すことがあるのです。特別なことではないです。ただ思い出すのです。 震災前夜、両親は地震対策について話していました。 「富士山の噴火がいつ起こるかわからない。」 「東海地震がくる。」 「家具の固定をしなければ。」 「…まあ…

ユーカリは森を焼き尽くし、自分だけが生き残る選択をして現在に至る

ユーカリはオーストラリアの森林の4分の3を占めている。どうしてこんなに強いのか。独自の進化、生存戦略、山火事はなぜ起こるのか。それを知れば、今、オーストラリアで起きる大火事も地球上の生物活動の一つでしかない、と思うかも知れない。 ユーカリの毒…