なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

仕事

チャレンジして良かった!アーティストトークの通訳しました。

通訳とか特別スキルやからな!ちょっとあの人英語喋れるし、とかで軽々しく頼むもんじゃないんやで! という話を以前書きました。 www.ma-naru.com なる子、留学してたくせに全然英語ができなくて、コンプレックス。なのに、引き受けてしまったのです。 アー…

脂肪が増えると気分が落ち込む

タイトルそのままです。 「脂肪が増えると、、、」よりも、「筋肉が増えるとポジティブになる」が正しいかもです。 太るには原因が2つあります。 ①食べすぎ ②運動不足 体重が増えるのも2つパターンがあります。 ①脂肪が増える ②筋肉が増える なる子、過食と…

保育士は一般の人が想像できないレベルで安心・安全を提供している

大津の園児を巻き込む交通事故。どうしてこんな非情な事故が起こるのか。こんな不運があっていいのか。子どもの為に一所懸命働いているお母さんお父さんから、一番大事なものを奪っていいのか。毎日、愛と正義で子どもたちを守っている保育園がこんなに報わ…

通訳は特殊なスキル

英語がちょっとできるからって通訳や翻訳を仕事にできる訳ではありません。 もし、英語がネイティブレベルだとしても誰にでもできる仕事ではないのです。 通訳・翻訳は専門の訓練が必要だったりします。 まあ、ちょっと考えればわかることではありますが、2…

私には収入がない。

私には収入がない。 当然です。勢い余って仕事を辞めたのですから。 辞めて1ヶ月が経ちました。 とりあえず、好きなことを思い切りするんだ!とノリで辞めているので、世間的には自称アーティストというやつで、売れないミュージシャン、売れない俳優と並ん…

腱鞘炎に効く!

毎日スタジオへ行き制作する幸せな日々!を送っていましたが、この数日うまくいっていません。 なぜかというと、フィジカル的に動かないのです。 右手が。 頑張りすぎた結果がこれです。 腱鞘炎。 もはや、蛇口をひねれば激痛。 ボールペンを握ろうとしても…

ゲリラ豪雨にどう対応するか

ゲリラ豪雨がやってきた。どうする!? お役立ちツール 雨雲レーダー お迎えにするか、ひとりで帰らせるか ゲリラ豪雨がやってきた。どうする!? 久しぶりにビクッとなるほどの雷鳴を聞きました。 熱帯化する日本列島において、夕立は危険を伴うゲリラ豪雨…

迷える若い画家たちへ

「何千万年も前から人間は絵を描き続けていて、この先も描き続けるはず。未来の人間にも通じる絵を描きたい。」「迷いそうになる時、地図になってくれる目標が2つあると良い。1つは叶うか叶わないかわからないけどやりたいこと。もう1つは絶対に達成する…

第一線で活躍するアーティストが考えていること

自分のトークではボッコボコにやられて、ちょっと凹んで、立ち直ろうと頑張っているなる子です。 www.ma-naru.com アーティストトークに出たと言っても、小さなアーティストの集まりです。そういう意味では、世界の第一線で活躍しているアーティストのトーク…

香港実業家の働き方と本音

香港に行った時、アート系の事業もたくさん展開する実業家の人がいろんな所に案内してくれました。これまで、そんな人と話をすることもなかったので、様々な場面で衝撃を受けました。特に時間に関することは、学ぶことも多かった。 とにかく休むことがない。…

アーティスト飯がヤバすぎる件

狂った新生活、アーティストへの道 朝から晩まで制作する生活はたしかにちょっと狂っている。 私が今制作しているスタジオは若いアーティストもいるけれど、アラフォー以上のアーティストが意外に多い。 そこそこの年齢までアーティストを辞めなかった人たち…

新生活、この気合いをどう継続するか

意を決して退職してから約2週間。毎日が楽しくて楽しくて仕方がないなる子です。 最後の出勤日の翌日には香港へ飛び、アーティストとして招待されて行ったので、信じられない好待遇で 観光 視察しまくり。帰国してからは、とあるアートスタジオを短期間で借…

九龍半島と香港島をフェリーで行ったり来たりするのが楽しすぎる

やっと帰国しました。もちろんお仕事もありましたが、楽しいことがたくさんあったので、しばらく香港ネタが続きそう! 最後の日は、自由行動。 ビクトリアハーバーを行き来するフェリーに乗ってみました! 楽しいよ! 滞在最終日、ギリギリまで香港を楽しみ…

なる子、高鐵で中華人民共和国へ。香港人の「中国怖い」とは。

中国の新幹線、広深港高速鉄道、通称「高鉄」で香港から広州へ 1日だけ中国本土側へ行くことになりました。ちょっとした視察をかねて。 中国南部の巨大都市、広州へは、香港からバスで約2時間。…ですが。 乗りました。2018年に開通したばかりの『高鉄』です…

なる子、香港に到着するの巻

別れ、そして出会いの季節。 桜も満開のところも多いようですが、東京って桜が咲いてから雪降ったりとか寒くなる日がよくありますよね。 それにしても東京はまじで寒すぎです。 さて、最後の勤務を終え、涙涙のお別れをしてきました。 そもそも最後の職場で…

行動しなければ、何も変わらないのだ。

行動しなければ変わらないのだ。変わりたければ行動するのだ。 正直、一般的に「まだまだ若いよ」と言われる年齢ではもうないのですが、「このまま変化なく年老いていく」ことへの恐怖と絶望を、感じながら働いていました。 とはいえ、サラリーマンとしては…

表彰されました

今週のお題「卒業」 卒業シーズンですね。 最近私も表彰されましたので、自慢しておきます。 ありがとうございます。

待機児童対応するよ、と言い放ち、民間に丸投げする極悪

来年度に向けてとても頑張ってくれている後輩ちゃんが、泣きそうな声で相談してきました。4月のシフトを作成中なのだけど、どうしても人が足りないらしい。 行政側の職員さんと一緒に仕事をするタイプの施設。「あと二人、この時間に出せるよね。」と当然の…

ひとコマひと言 退職前ぱにっく

退職後色々ゆっくりすればいいや、と思っていたらちょっと忙しくなりそうなのです。 年金とか健康保険どうする!? パニックになりそう。 とりあえず区役所行こう! おやすみなさい!

別れの季節。先生と児童の別れをどうする。

先生と児童の別れは突然やってくる。 なぜなら、教育関係など年度区切りで人事異動がある仕事は、本当にギリギリまで人事がわからないからです。 オフィシャルには4月1日付け。 新年度になるまで保護者や児童には知らされないことが多いのです。 絶対そう…

退職前の有休消化、どうする?

なる子の退職日が迫ってきました。 少し、寂しい気持ちもあります。 退職と言えば、話題に上がるのが「有休消化」です。 これまで貯めてきた年次有給休暇を退職前にまとめて取ろうというのは日本社会によくある現象かと思います。買い取ってくれる、なんて話…

【四コマ漫画】若くてきれいな先生が来ると。

あるある。

人生長くなりそうなので、仕事やめます。

人生100年時代をどう生きるか 父方の祖母は97歳で他界しました。10年くらい前のことです。 もし、生きていれば107歳なのですね。 その祖母の弟が生きている。という衝撃の事実が先日耳に入ってきました。 お婿に行った方なので、我が家とは疎遠で私は会った…

保育園や放課後児童クラブの民間委託が進むのは人件費が半分だから

公務員の平均年収についてのブログ記事を最近拝読しました。 (いつもながら、勝手に参照リンク) www.sekkachi.com 教育職などの専門職分野は含まれない、と書いてあるので、ここで保育園分野や放課後児童クラブなどの福祉分野の公務員のことはわからないの…

小四の壁なんて存在しない。そして待機児童になった方が色々メリットあるかも。

なる子が待機児童対策について、解説&親子を応援! 保育園落ちた!? 放課後児童クラブ落ちた!? 小四の壁なんて存在しない 待機児童の過ごし方 実はメリットが多い!? 保育園落ちた!? ついにこの季節がやってきました。1月末から2月にかけて、保育園の…

いつかこの会社を辞めるかもしれないと思うなら、意識して自分のスキルを上げていけ。

放課後子育ての現場にいる、なる子です。 立場的に、後輩を育てる仕事もしています。 異動や昇格が内定するこの時期、不安がっている後輩と少し話せる時間がありました。 そこで話したことは一貫して言い続けていることだったりするので、ブログに書き留めて…

「Youtuberになりたい。」

雲外蒼天 「Youtuberになりたい。」 と父が言い出した。 え?ユーチューバー?博多華丸大吉さんの漫才のネタですか? 小学生のなりたい職業No.1。 父、古希。マジですか? ある晩、私がお絵かきアプリで遊んでいると、iPadに興味を示したのです。 Adobe sket…

熊をお鍋でしゃぶしゃぶしたら。

世の中にはまだ経験したことのないこととか、行ったことない国とか、食べたことないものがいっぱいあって、まだまだ人生楽しめるはず。 熊、食べてきました。なる子です。 これが熊肉です。 う、美しい〜。 お鍋でしゃぶしゃぶしていただきました。ちりちり…

幸福を呼ぶ左馬、ホースブラス

運気を呼ぶにはトイレ掃除がいいよ!というアドバイスをもらった今日。 兵庫県の六甲にある、とっても素敵なアンティークショップ、TSUBAKIで、ホースブラスと呼ばれるイギリスのラッキーチャームを買いました。 元々は馬具のひとつで、今は幸運を呼ぶチャー…

『人を育てる』ブラック企業が反面教師

なる子の経歴はちょっとだけユニークかも知れません。 夢を追って留学し、海外生活を続けたかったのですが、ビザが取れずお金も尽きて帰国。 フルタイムで働き始めたのは、30歳になってからでした。 ちょっと夢だけでは食っていけないぞ、と焦り、就職してみ…