なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆が独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

ひんやりするのに、胸の奥が熱くなる冬の絵本

今週のお題「雪」

しんしんと雪が降り積もる夜に読みたくなる絵本をご紹介します。

実際にはしとしとと雨が降っている今夜ですが。

 

雪の女王

雪がテーマの童話といえば、アンデルセンの「雪の女王」です。

心が凍るってどんなだろう、と冷んやり怖い気持ちになった記憶がある人も多いのでは。勇敢に友達を助けに行く女の子、ゲルダの強さに励まされます。

 

アンデルセンはたくさんの童話を残しました。

時代は「西洋で子ども時代の概念が生まれた頃」。イソップやグリムが、土地に伝わる民俗説話などを集めたことに対し、創作童話をたくさん書いたと言われています。旅行家であったことから、民話からの影響がゼロではないでしょうが、創作童話の開拓者であると言えます。名作だらけですよね。

私の父は、「マッチ売りの少女」を私に読み聞かせをしながら泣いてしまったことがあります。

アンデルセンは、人間の心にグッと踏み込んでくる何かがありますよね。

 

www.ma-naru.com

 

雪の女王」の絵本は、いろんなバージョンがあるので、好みの絵柄のものを選ぶと良いと思います。 

 

●絵本●


雪の女王


雪の女王


【店内全品5倍】雪の女王/ハンス・クリスチャン・アンデルセン/ヤナ・セドワ/アンシア・ベル【3000円以上送料無料】

 

 

●文庫●


雪の女王 アンデルセン童話集(1)

●紙芝居●

いわさきちひろさんの紙芝居はどれも本当に美しいのです。

外国のお話をいくつか紙芝居にしていらっしゃいます。

図書館で置いているところも多いと思うので、ぜひ探してみてほしいです。


雪の女王 (いわさきちひろ画・紙芝居選) [ ハンス・クリスチャン・アンデルセン ]

 

12のつきのおくりもの

「森は生きている」というタイトルで、児童演劇の演目にもなっているスロバキアのお話です。「雪」「森」「冬」ヨーロッパの自然の厳しさを連想させるキーワードです。

昔話には、現代では考えられないような、厳しい境遇などが描かれることもあり、今の子どもたちには難解なのでは?と思うような内容もありますが、子どもたちにとって難しいと決めつけるよりも、経験できないことだからこそ、物語を通して気持ちを疑似体験することが、より一層豊かな情緒を育むのだと思っています。

 

「12のつきのおくりもの」もしくは「12の月たち」も、そんなお話の一つかな、と思うのです。

楽しい、嬉しい、悲しい、腹立たしい などのシンプルな感情以外の複雑さで人間はできているのです。

 

 こちらもいろんなヴァージョンがあるので、好みで選ぶと良いと思います。

 


12のつきのおくりもの―スロバキア民話 (こどものともセレクション)

 

 


12の月たち―スラブみんわ (児童図書館・絵本の部屋)

 


十二の月たち (世界のお話傑作選

 

)
12の月たち―スロヴァキア地方の昔話 (ミキハウスの絵本)

いつかこの会社を辞めるかもしれないと思うなら、意識して自分のスキルを上げていけ。

放課後子育ての現場にいる、なる子です。

 

立場的に、後輩を育てる仕事もしています。

 

異動や昇格が内定するこの時期、不安がっている後輩と少し話せる時間がありました。

そこで話したことは一貫して言い続けていることだったりするので、ブログに書き留めておこうと思いました。

 

いつまでこの仕事を続けるのか

この仕事は、低賃金なので、生活にも不安を覚える職員は少なくありません。

転職した方がいいかなぁ、とぼんやり思っている人もいるでしょう。

 

なる子は「本当に耐えられない、嫌だと思ったらいつでも辞めるから!」と、宣言しながら仕事をしてきました。(やっかいな上司ですよね。聞かされる方はかわいそう?笑)

これはブラック企業で務めた経験があったせいと、そのぐらいの気持ちでないと、やってられないぐらいストレスの多い仕事だからです。

 

では、本当にいつでも仕事を辞められるのかというと、なかなかそうはいかないと思うのです。

ほとんどの人は、変化より安定を好むし、ただでさえ薄給なのに、無職になったら途端に路頭に迷いそう。

 

必要なのは貯蓄です。

もちろんお金もそうだけど、特に、スキルや強みの貯蓄です。

これは、お金をもらいながらできるのです。すごいことですよ。

薄給で悩むなら、今の会社から得られることを自分のスキルアップにつなげていきましょう。なんとなく時間を費やす仕事の仕方はもったいない。

 

後輩たちに、幾度となく言ってきたことは、「自分の引き出しを増やせ」です。

 

今いる場所で得られることをその場のこととして受け流していくのではなく、引き出しにしまっていく。自分の財産を増やしていけば、今すぐに使う機会がなくても、やがて巡ってきたチャンスの時には、パッと開くだけでOKなのです。

 

新人さん向けに、仕事に対する意識づけとして伝えて続けてきたことの具体的な例をいくつか書き留めておきます。特殊な業種だと思うので、他の業界の方には伝わりにくいかと思いますが、なんとなく当てはまるものはご自分の仕事に置き換えながらおつきあいください。

 

企画書

工作やクッキングなどイベントの企画書は、誰が見てもわかりやすく書こう。

信頼できる人に添削してもらおう。

上手に書いている人の書き方を盗め。

社内で共有した、他の人の企画書も自分の引き出しにしろ。

 

1ヶ月にひとつ工作イベントがあったとする。あなたは年に2つのイベントを担当した。しかし、他の10ヶ月分も手に入れたので、実質あなたの工作の引き出しは1年で12個。これを捨てたらおしまい。ちょっとかさばっても、断捨離の世の中に逆らっていても、置いておけば自分のスキルになる。

例えば3年経った頃には、その月の季節の工作を3つ持っていることになる。

 

この世界ではすごい強み。

 

遊び

けん玉やコマなどの遊びも全力でやれば、子供達並みに上達するけれど、それ以上につけてほしい力が集団遊びのリーダー。

放課後児童クラブには「帰りの会」なるものがあり、これは施設によって誰が何をするかは違っていたりするけれど、私の施設では全職員が当番ですることになっている。もちろん、子どもが中心になってすることもある。しかし私はパートのおばちゃんも含め、全職員が子どもの前に立って、子どもの注意を引きつけるスキルを身につけてほしいと思っているので、基本的には大人の当番になっていて、事前にいつが当番なのかを言い渡しておく。

子どもの注意を引きつける、これを意外に難しいと感じる人が多い。

実際、客観的に見て、上手い人とそうでない人はいる。

上手い人が工夫していることはなんなのか、観察してほしい。そして真似していい。

気づこうとしているかどうかが問題だ。

 

また、提供する遊びがマンネリ化していないか考えてほしい。

帰りの会」の集団遊びは、新しいものを試してみる最大のチャンスである。

どんなものが子どもたちの心を動かすのかわかるし、限られた時間の中でやってみることで、どんな遊びにどのくらいの時間が必要か、実証実験することができる。

 

「10分あります。子どもたちの注意を引きつける遊びをしてください。」

と言われた時に、いつの間にか子どもたちの前に立つ度胸もついているし、いつの間にか子どもたちを引きつける声のかけ方も知っている。

その時提供できる遊びについても100個の引き出しがあれば、間違いなくそれはあなたが貯蓄したスキルです。

 

でも、意識しないと忘れていってしまうだけだよ。しっかり引き出しに入れていって。

 

私の知っている優秀な後輩は、自分のアイデアをメモ帳に書き留めていつでも出来るようにしていたし、他の人がやってくれたいいゲームも内容をメモして自分のものにしていたよ。

 

 

おたより

捨てるな。

先輩が書いたものをもらえる機会があったら、目を通して保管。冒頭のあいさつ文は今後必ず役に立つ参考文献になる。そして、もっと良いおたよりにするにはどうすれば良いか考えろ。あなた


がおたよりを書く日はそんなに遠い未来ではない。

 

もし、おたよりを書く機会に恵まれたら、信頼できる人に添削してもらえ。

厳しいことを言われても、恥ずかしい文章を世の中にさらすよりマシである。

積み重ねが、あなたの実力の貯蓄となる。

 

研修

社内研修は、会社がお金を払ってくれている。

会社があなたに投資してくれている。

 受けないと損。

自分が研修の講師になっても同じ内容を他の人に伝える気持ちで受けよう。

いい研修と、わかりにくい研修があると感じるなら、いい研修の良いところを盗む。

講師の話し方、伝え方には学べることだらけのはずだから。

 

 

 

 

まだまだ言い足りない酔っ払いのような状態(しかしシラフ)だが、まとめ。 

 

個人で、どこにいても戦える準備は仕事の日常にあるはず。

それを意識しているか、いないかで、たった一年で差がつくと思ってる。

 

同じ会社で勤務を続けることを決めたとしても、会社で一目置かれる存在になれるかどうかは、日々の積み重ねだと思う。

 

あなたの価値はあなたが作ることができるのだから。

f:id:ma_naru:20190219235750j:plain

 

 

雪の思い出と雪だるまとスコップとシャベル

今週のお題「雪」

 

雪が降るとどんな街も綺麗に見えるような気がしますが、ロンドンの雪景色は忘れられない思い出の風景です。今も見返すと幸せな気持ちになります。

とっても寒くて、スノーブーツとか持っていなかったので、足元もびしょびしょになって、ひどい状態になりましたが、雪道をてくてく歩いてやっと辿り着いたロンドンの中心街は美しくてうっとり。写真をたくさん撮りました。

 

この写真は10年前、2009年。車もほとんどなく、まるで100年前にタイムスリップしたよう。うっとり。

f:id:ma_naru:20190218214603j:plain

 

雪のMI6。ジェームス・ボンドが働いてる所。

f:id:ma_naru:20190218215749j:plain

 

雪のチャーチル

f:id:ma_naru:20190218215906j:plain

雪のビッグ・ベン(エリザベス・タワー)

f:id:ma_naru:20190218220036j:plain

雪のロンドン・アイ

f:id:ma_naru:20190218220121j:plain

 

ここからは雪だるま。

大きな3兄弟

f:id:ma_naru:20190218220251j:plain

 

哀愁

f:id:ma_naru:20190218220310j:plain

 

雪見だいふくみたい

f:id:ma_naru:20190218220334j:plain

 

カエル仙人?

f:id:ma_naru:20190218220402j:plain

Happyになれる!

f:id:ma_naru:20190218220639j:plain

 

寒くても、芝生は緑。だからロンドンの公園は冬も綺麗。

f:id:ma_naru:20190218220633j:plain

 

緑のモヒカン…!

f:id:ma_naru:20190218220728j:plain

 

たくさん写真が撮れたらもう満足なので、あとは屋内に引きこもります。

f:id:ma_naru:20190218221632j:plain

 

 

そうそう、関西と関東で、シャベルとスコップが逆って知っていましたか?

 

私が想像するスコップはこれです。子どもが砂場で使うやつです。

これ!絶対コレ!!

 


Nyby(ニービー) スコップ 赤

 

共感していただける方はどのくらいいらっしゃるかしら?

 

そしてこちら↓は、形からして「??」です。

雪のない土地で育ったので、こんなものは関東に来るまで知りませんでした。

そして、スコップというには大きすぎるし無理があるように感じます。 


アイリスオーヤマ 雪かき スコップ 車載スコップ ポリカ オレンジ

 

しいて言うなら、「シャベル」だと思うんですよね〜。

「シャベル」じゃなくて「ショベル」だろ!と言うツッコミも聞こえてきそうです。

 

文化圏の境目はどのあたりにあるのか。

分布図でも作ってみたいものです。

 

「雪」と聞いて思い出した「上京して一番びっくりした事」なので、忘れないようにここに書いておこうと思いました。

 

祈(寒いので今年はもう積もらないでください。)

 

な〜る。『熱帯』の我輩を作ってみた。

みんぱく』と『熱帯』と『達磨』

 

森見登美彦さんの『熱帯』のイベントに行けたことは、大変良い機会でした。

www.ma-naru.com

 

www.bunshun.co.jp

 

 

民族学博物館、通称「みんぱく」で開催されたイベントの内容は「千一夜物語」と「熱帯」の不思議な関係に迫る内容。

普通に「千一夜物語」の解説が興味深い。対談というより西尾先生による世界不思議発見!会場が「みんぱく」というのもいいですね。

f:id:ma_naru:20190217222649j:plain

この対談中ずっとマスコットとして鎮座していたダルマさん、『我輩』。

手前に置いてあるのは西尾先生の貴重な蔵書、フランス語で翻訳された『千一夜物語』です。昔の本は、全てのページが袋とじになっていて、買った人がナイフで切ってから読むスタイルでした。なので、ページの端がギザギザなんですね。

f:id:ma_naru:20190217222619j:plain

このダルマさん、『熱帯』の中で動いて喋るキャラクターなのですが、骨董屋でダルマがたくさん並んでいるシーンが出てきます。

そのシーンを読むと、「みんぱく」の、この展示を思い出さずにはいられません。

渋沢敬三記念事業 屋根裏部屋の博物館』展です。

f:id:ma_naru:20190217231400j:plain

渋沢敬三さんは、かの渋沢栄一(日本資本主義の父と呼ばれている)の孫で、みんぱくの基礎となるコレクションを築きました。

日本の民俗学に多大な貢献をした人です。

達磨コレクションは100体以上。その一部が公開されていましたが、大小、様々な達磨が並び、圧巻です。

 

ブログにも以前書きましたが、赤い達磨は、子供のお守り、主に疱瘡除けとして使われた歴史があります。今では全国的な縁起物ですね。

www.ma-naru.com

 

『熱帯』のだるまさんを作ってみる

なんと、文藝春秋のサイトに展開図が公開されています。

books.bunshun.jp

 

こういうのあると、作りたくなっちゃいますよね。

プリントアウト!

f:id:ma_naru:20190217222713j:plain

線に沿って切っていきます。顔のひげのところだけちょっと難しいですね。

f:id:ma_naru:20190217222748j:plain

うまく切り抜きました。折り目もカッターナイフで軽くスジをつけておきました。

f:id:ma_naru:20190217222848j:plain

組み立てて、のりしろを貼り合わせます。

f:id:ma_naru:20190217223030j:plain

顔もつけてこんな感じ。

f:id:ma_naru:20190217223058j:plain

おっと、仕上げに葉っぱもね!!

f:id:ma_naru:20190217223125j:plain

ぜひ、作ってみてください。結構可愛らしいです。

 

最後に自慢ですが、こちらが森見登美彦さんからいただいたサインです。

f:id:ma_naru:20190217223152j:plain

ダルマさんが「な〜る」って言ってます。

 

これは全くの偶然なのですが、なる子と森見氏はやっぱりどこかで縁があるのかもしれない。

そう思わざるを得ないのですよ。

 

(自意識過剰)

 

 


熱帯

オトナかわいい、シャドーボックス作ってみた。

f:id:ma_naru:20190216212357j:plain

今日はシャドーボックスの紹介です。

シャドーボックスは、日本でもにわかに人気が出始めています。

 

紙などのレイヤーを使って立体的に作るクラフト絵画です。

 

もちろん、完全オリジナルで作れるといいな〜、と思いますが、手軽に始めるにはキットって便利ですよね。

 

今回は大人の塗り絵的な楽しみ方もできる、不思議の国のアリスのシャドーボックスを作ってみたいと思います。私の大好きなベンジャミン・ポロック社のキットです!

 

フレーム、背景、モチーフが描かれた3枚の紙。

f:id:ma_naru:20190216212418j:plain

 

今回主に使うのは、『あかしや水彩毛筆・SAI』『ポスカ』『SARASA・金色』『油性色鉛筆・FABER CASTELL』です。

f:id:ma_naru:20190216212456j:plain

『あかしや水彩毛筆ペン』は高校生の頃からの愛用。柔らかいコシが、他の筆ペンとは全く違います。色味も優しい和の色が多くて、使いやすのです。今回は主にこのペンを使い、細かいニュアンスカラーは色鉛筆を使います。

 

金銀は色んな種類を持っていますが、『ポスカ』は素晴らしいですね。

何本目かしら。アクセントになるので大好きです。

 

塗っていきま〜す。夢中になるね!

f:id:ma_naru:20190216212533j:plain

 

こんな感じでいかがでしょうか。

楽しい〜〜!

f:id:ma_naru:20190216212622j:plain

 

切り抜いていきます。

一番手前のフレームはもったいないけど内側はくり抜いてしまいます。

f:id:ma_naru:20190216212649j:plain

 

モチーフは後で貼ることも考えて切り抜きます。

f:id:ma_naru:20190216212709j:plain

背景はボックス型に組み立てます。f:id:ma_naru:20190216212728j:plain

メインのアリスの裏は固定用のパーツを貼り付け。

f:id:ma_naru:20190216212753j:plain

 

箱の中に貼り付けていきます。

うさぎのかぶりものは載せたり外したりすることができるように細工しました。

f:id:ma_naru:20190216212812j:plain

 

フレームを貼り付ければ、完成です!

f:id:ma_naru:20190216212848j:plain

 

「Youtuberになりたい。」

雲外蒼天

 

「Youtuberになりたい。」

と父が言い出した。

 

え?ユーチューバー?博多華丸大吉さんの漫才のネタですか?

 

小学生のなりたい職業No.1。

 

父、古希。マジですか?

 

 

 

ある晩、私がお絵かきアプリで遊んでいると、iPadに興味を示したのです。

Adobe sketchの、にじみの表現に感動した父は、「それでも筆がイマイチだな〜。」と物足りない様子だったので、父のために有料アプリをダウンロードしました。

 

「Zen Brush 2」です。

書の筆遣いの再現性が高いアプリ。

水墨画風の絵も描ける、お絵描きソフトとしても人気です。

 

Zen Brush 2

Zen Brush 2

  • PSOFT
  • エンターテインメント
  • ¥360

 

 

細々ではあるけれど書で生計を立てている父が、初めてiPadとApplePencilで書いたのがこれです。

f:id:ma_naru:20190213223833j:plain

努力して試練を乗り越えていけば、快い青空が望めるという意味

そして、「おお!これ欲しい!動画撮ってYoutuberになりたい!」と言い出したのです。

 

え?本当に?

父、ガラケーだよ?

 

 

翌朝、iPadの契約に行く

auユーザーの父と共に、朝イチでショップに向かうことになりました。

 

なんと、今の世の中、ガラケータブレットの組み合わせの契約が最強すぎる、と言うことを知ったのです。

www.au.com

 

4G LTEケータイなら、3年契約で毎月2GB付き。

3980円〜!

 

しかも、色々な割引により、iPad第6世代が3年で本体代、実質0円

 

なんと、世の中はもうすでに、超高齢社会の波にしっかり乗って回っていた!!!

 

ちょっとよくわかんないけど、お店のキャンペーンもあったようで、結果的に月々3500円の支払いで、ガラケーiPadをセットで使えることになりました。安い。

 

スマホを使ったことがない父、晴れてiPadユーザーです。

 

私とお揃いのiPadと、ApplePencil。

まずは、たくさん触って慣れていただかなければ。

 

ゆくゆくは、本当にYoutuberデビューしたりして。

まさに父の志、火の如し。

f:id:ma_naru:20190213224718j:plain

 

わたしとチョコレート

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

誰かにプレゼントするよりも、自分で食べたい。

デパートのチョコレートフェアに出没する典型的な独身女、なる子です。

 

 

女子力の高い子たちの話はこちらからどうぞ。

↓↓↓

www.ma-naru.com

 

チョコレートって本当に高いですよね。

貯金もチョコレートに消えていく。

これまでいくら使っただろう…さっと出てきた箱だけでもこんな感じ。

可愛くない?

f:id:ma_naru:20190214005101j:plain

もちろん、捨ててしまった箱もたくさんあるわけで、お洋服のバーゲンセールを我慢してチョコレート買う、なんてことも冗談ではなく本気であることなのです。

 

山椒を使ったチョコレートとか、トランプ風の板チョコとか、ひとつぶ300〜600円するようなものを買うのです。

f:id:ma_naru:20190214194934j:plainf:id:ma_naru:20190214195150j:plain

クレイジー

 

しかし、去年から買うのを我慢しています。

だんだん感覚が麻痺してきて、チロルチョコのような食べ方をしてしまいそうになったからです。

 

チョコ好きである、ということは友人がよく知ってくれているので、このシーズンはいくつかいただくこともあり、なんとか持ちこたえています…

 

 

 「本日は、食品のお忘れ物が大変多くなっております。お気をつけください。」

   by JR東日本

 

そのチョコレート、私にいただけませんか?