なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

子ども時代に使っていた金庫を久しぶりに開けます。

今の時代、子どもたちのお小遣いもキャッシュレス。

SuicaなどのICカードを持っているという子も少なくありません。

 

ただでさえ、金銭感覚がイマイチな子どもたち。キャッシュレスになって大丈夫かな〜?なんてこともありますが、その時代その時代にあった育ち方があるので、それなりにうまいことやっていくんだろうな、と思います。

 

私が子どもの時は貯金箱の中身をひっくり返して数えるのが、密かな楽しみでしたが、もし、今だったら、ICカードを駅に持って行って、販売機で残高を確かめるのかな〜。

 

そう言えば、子どもの頃、祖父母や親戚からもらったお年玉の中から1万円を手元に残して、残りは親に渡す、ということをしていました。

そしてその一万円札を大事に金庫に入れていました。

 

ここでいう、金庫というのはこれです。

もう何十年も大切に保管しています。

f:id:ma_naru:20181021220305j:plain

わかりますか?

これは箱根の寄木細工でできた、からくり箱です。

綺麗ですよね〜。年月を経て、より一層味わい深い色味になっています。

 

からくり箱ですから、パッと見た感じ、蓋もなく、開きそうにありません。

 

ふふふ、特別な開け方があるのですよ!

 

この中にお札を折りたたんで入れていました。

完全な金庫だと思いませんか?

 

本当に久しぶりに取り出しました。

 

あ…もしかするとまだ1万円札が入っているかも。

確かめたい!うずうず!

 

開け方、覚えているかな???

 

少しずつ切り込みにそって鍵になっている部分をスライドさせていきます。

お金への執念でしょうか。

手が開け方を覚えているようです。 

f:id:ma_naru:20181021220733j:plain

(詳しい開け方は教えません。金庫ですから!!)

 

一瞬、固いところがあって、焦りましたが、

ついに、長い歳月を超えて、開く時が来ました。

 

ドキドキ…

f:id:ma_naru:20181021221001j:plain

 

か、からっぽ〜!!!(やっぱり…)

f:id:ma_naru:20181021221039j:plain

そう、お札はただの紙切れ。それ自体には本来価値はそんなになく、人々の間で共通する概念と信用で存在するだけ。

 

 

 

意外なことに、からっぽの金庫から、1万円札ではなく、違うものがたくさん出て来ました。

 

親に連れて行ってもらった箱根の関所、

ピカソ作品を初めて見た彫刻の森美術館、

長い階段のMOA美術館、

食べすぎた旅館のご飯、

「似合うね」と言ってもらった麦わら帽子。

 

そんな思い出がポロポロ出て来たのでした。

サファリ・パズルとラッシュ・アワー

スライドパズルって、最近あまり見ないような気がします。

私は子どもの頃好きすぎて、お出かけによく持ち歩いていました。

今の子どもたちは暇つぶしといえば、DSとかSwitchとか、たまごっちとかやっぱり電子機器ですよね〜。

 

私の愛用していたミッキー&ミニーは手垢でどろどろです。

これは絵を合わせるタイプのものですね〜。

f:id:ma_naru:20181020232958j:plain

 (き…汚い…!アップでごめんなさい!)

 

 

大人になってから買ったのがこれです。

SAFARI PUZZLE!

ドイツのメーカーのものです。サファリの動物たちが並んでいてかわいい!

f:id:ma_naru:20181020230553j:plain

久しぶりにやってみたら、はまってしまいました。

ブログ更新予定締め切り時間が迫っているよ!!

f:id:ma_naru:20181020230616j:plain

 

このタイプのスライドパズルは絵を列ごとに並べたり(縦でも横でも選べる)

f:id:ma_naru:20181020230650j:plain

 

それぞれの列に必ず違う絵柄を入れる、という法則で合わせる遊びもあります。

f:id:ma_naru:20181020230734j:plain

 

スライド系のおもちゃと言えば、この絵を合わせるタイプ以外に思い出すのがラッシュ・アワー!

 

車を脱出させるアメリカのパズルゲームです。 

お題のカードの通りに車を並べて、赤い乗用車を脱出させます。 

 

小学生ぐらいのパズル大好きな子はハマるゲームです。

対象年齢99歳まで、と謳うだけあって、「私にもやらせて!」とついつい大人まで夢中になってしまう、面白さ。

 

おすすめですよ〜!

ジャック・オ・ランタンの鼻問題

ハロウィンのかぼちゃが街中に溢れていますね!

 

なる子もかわいいハロウィン工作ないかな〜、とネットで検索することがあります。

 

特に、ジャック・オ・ランタンの顔ってどんなだったかな〜、と絵を描く時の参考に調べたりします。

 

そこで、ちょっとした違和感を感じたのです。

「なんか、変なかぼちゃいるな。かわいいんだけど。」

 

それが、どんなのかって言うと、

こんなのです。

f:id:ma_naru:20181019212437j:plain

わかりますか?

特に日本人が作るジャック・オ・ランタンにこの雰囲気のものが多いような気がします。かわいいですよね。なんかほっこりします。

 

カボチャのお化けというより、八百屋のおばさん、といった風情です。

でも、ちょっと不気味なあのジャック・オ・ランタンじゃない気がするのです。

このカボチャはかわいすぎる気がします。

 

では、どんなジャック・オ・ランタンがしっくりくるのかと言うと、

こういうのです。

f:id:ma_naru:20181019212452j:plain

わかりますか?

 

鼻!鼻です!

 

どうやら世の中には、鼻があるカボチャと、鼻がないカボチャがいるのです。

 

そして、どうも日本人の子どもが作るカボチャは、目が小さく鼻がない傾向があるような気がするのです。

 

海外のカボチャにも鼻がないやつはいるので、これは絶対の法則ではなく、あくまでも、なんとなくの傾向です。

 

西洋人のカボチャは目鼻立ちがはっきりしていて、表現力豊かな感じ。

一方、日本人のカボチャは目が小さく鼻がない、でも表情が柔らかく可愛らしい。

 

そんな傾向があるような気がするのです。

 

美術の世界ではよく言われることですが、「顔」を描く時、自然に自分の顔立ちに似てしまう、ということがあります。

 

なんとなくその説にはまっているような気がします。

あなたが作ったカボチャに鼻はついていますか?

 

以上、ジャック・オ・ランタンの鼻問題でした。

 

嘘か本当か、信じるか信じないかはあなた次第

ガイ・フォークス・デイがあるから。

f:id:ma_naru:20181018225305j:plain

 

いつからハロウィンはこんな風になったの

今年も渋谷は大変そうですね。

 

私は緑の電車の中で駄菓子軍団に囲まれたことがあります。

目の前に「チョコバット」と「タラタラしてんじゃねーよ」。斜め向こうに「カールのおじさん」。そして横には「よっちゃんイカ

 

いつからこんな愉快なイベントになったのでしょうか。

 

いつの間にこんなことに?となっているのは日本だけではありません。

 

イギリスもそうです。

 

私が初めて滞在した初めの年のハロウィンは、「あれ?ハロウィンっていつだっけ?」という感じでいつの間にか過ぎて行きました。

 

え?何で?「E .T .」でハロウィンのシーンあったよね!?

 


E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

 

そう、現代の仮装するハロウィンはイギリスには馴染みが薄く、完全にアメリカの文化なのです。そしてここ数年、イギリスでもハロウィンがぐんぐん市民権を得て、ハロウィンの日にはロンドンのバスの中はトイレットペーパーをぐるぐる巻きにしたミイラ男とか、口元から血を垂らしたドラキュラとかでいっぱいになっています。

 

さて、なぜ21世紀になるまで、イギリスでハロウィンが浸透しなかったのか。

 

推測するに、ほぼ同シーズンに別のイベントがあるからです。

それこそ日本人には全く馴染みがありません。

 

それこそが、「ガイ・フォークス・デイのボン・ファイヤー」です。

 

ガイ・フォークス・デイ」とは

ガイ・フォークス・デイは11月5日。ハロウィンの日から5日後です。ガイ・フォークス・ナイトと呼ぶ人も多いです。

この日、街でガイ・フォークスという男(実在した人物)の人形を引き回し、夜には大きな焚き火に放り込んで焼いてしまう。打ち上げ花火で盛り上がります。

ははは…なんとなく残酷祭り。

そう、流石に最近では、人の形をしたものを炎で焼くのはよろしくないと、この人形の風習は廃れ気味のようです。

 

焚き火(ボン・ファイヤー)と打ち上げ花火は残り、町中が盛り上がります。

首都ロンドンではあちこちの公園で打ち上げ花火が上がりまくるので、高層階から街を眺めると爽快です。

 

この花火大会の日が大きなイベントだったので、ハロウィンが長く取り入れられなかったのだと思います。

 

ガイ・フォークスの人権が見直されて祭りの形が変わってきたのと入れ替わるようにポピュラーになってきたのがハロウィンというわけです。

 

そもそも「ガイ・フォークス」って誰?

カトリック教徒だったガイ・フォークスは、仲間と共にプロテスタントのジェームス1世暗殺を企てます。ウェストミンスターの議事堂を王とその周りの要人もろとも爆破してしまおうという大胆な計画です。火薬を集め、議事堂までトンネルを掘ろうとしていたそうです。1605年のことです。ガイ・フォークスはロンドン塔に送られ処刑されました。

 

この事件の代名詞となったガイ・フォークス。この事件にちなんでガイ・フォークス人形が焚き火に放り込まれる風習が始まったと言われます。

 

「男、奴」の意味で使われる「guy」はガイ・フォークスが語源なのです。

 

ちなみに「V for Vandetta」という映画で出てくる不気味な笑みを浮かべるヒゲの男の仮面。

あれが、ガイ・フォークス・マスクです。 

 


Vフォー・ヴェンデッタ [Blu-ray]

見れば見るほど謎が深まるカード、3つの謎

最近押入れの中をひっくり返して断捨離第2弾をのんびり勧めているなる子です。

 

レトロなものが大好きで、捨てずにレトロになるまで保管していたり、チャリティショップやらでいろんなものを買ったり、よくわからないコレクションであふれています。

 

その中で、何だかよくわからないものがあるのです。

それがこれ。

丁寧なイラストで、一見するととても素敵です。

f:id:ma_naru:20181017231929j:plain

2枚しかないのですが、フランス語と英語がペアになっていて、その絵が書いているので、多分、子ども向けの学習用カードだと思うのですが、、、。

 

深まる3つの謎

謎1

よくわからないバンブー風のフレーム

おしゃれなのか何なのかさっぱりわかりません。なぜこんなデザインになったのか。

 

謎2

意味不明な並び

一瞬植物しばりなのかと思ったら、焚き火とかビスケットとかが出てくる。

っていうか、ABC順でもないし。謎。

 

謎3

一緒

ユーカリとバラとメロンは一緒!

 

今日は謎を解くわけでもなくモヤモヤを残して終わります。

モヤモヤを是非共有してほしい。

 

それともちょっと考えすぎですか?

盲点!小学生が夢中になる、100円ショップのおもちゃ!

百円ショップに行くと余計なものを買ってしまう、なる子です。

先日は暗闇で光るハロウィンのマスキングテープ(蓄光どんなけ好きやねん!)と、ネイル用のハロウィンシール。ネイルエナメル持ってないのに!!

 

子育て系の施設でも100円ショップは大活躍!

特に玩具系の充実がすごいです。

 

買って良かった100円ショップの遊び道具5選

 

・トランプ

 消耗品!ボロボロになったら買う!

 

・ボール

 子ども向けのスポンジボールやゴムボールも消耗品!

 硬式ボールは危ないので、逆にこのぐらいがちょうどいい!

 

・縄跳び

 持ち手の中におもりが入った飛びやすい縄跳びまで100円ショップに!

 

・バトミントン

 衝撃!バトミントンラケットが100円!シャトルも3つセットで100円!

 

・砂場セット

   ちっちゃなシャベル、バケツ、型抜きがセット。サイズが少し小さいけれど、十分使えます。

 

え?これが100円!?とびっくりするものがたくさんありますよね!

卓球とか、フラフープとか、スポーツ系の用品は遊びに使うレベルならお買い得と感じるものがたくさんあります。

 

買わなきゃ良かった100円ショップの遊び道具

・ミニ将棋

 旅行でちょっと欲しい人にはいいかもしれないけれど、やっぱり小学生には最低限の“本物”を使って 欲しい。ちっちゃな駒はすぐなくなるし、片付けがうまくいかないことが多い。もう買いません。

 

・スピードキューブ(ルービックキューブ

 たまに使いやすいやつを売っている場合もありますが、ほとんどが動きがスムーズでなく、イライラするだけなので、どうせ買うならちょっといいやつ500円以上、1000円くらいのを買った方がいいと思います。

 

・リカちゃんぽい人形

 何というか、リカちゃん高いな〜、と思っていましたが、リカちゃんの価値がわかりました。100円の人形用の服はお買い得だと思います。

 

 

盲点!子どもが夢中になるのはこの2点!

キッチンタイマー

コレです↓   安くてコンパクト。使っている人も多いのではないでしょうか! 

 

 

これの何が楽しいって、カウントダウンしている数字を見ているだけで楽しい!

「ピピピッ」と鳴るのも楽しいし、ゲームなどの電子機器が少ない放課後の施設では、十分な娯楽です。集団で過ごす場所では音量が大きくない(!)のがいいところです。

 

タイマーだけでなく、ストップウォッチとしても使えるのがいいところ。

何秒で〇〇できる競争の時には大活躍です。

 

【タイマーを使った遊び2選】

30秒ゲーム

ストップウォッチ機能を使います。

大人数でもできるゲームです。目を閉じて「スタート!」から30秒数えます。

ストップウォッチを持った人が、5秒くらいまで声に出してあげるといいです。

30秒のところで手を挙げます。全員の手が上がったところで、ストップウォッチを持った人はピッタリ30秒で手を挙げた子の名前を発表します。

 

ちょっとしたつなぎの時間に役立つゲームです。

 

 

足踏みゲーム

1分間目を瞑って、その場で足踏みします。タイマーが鳴ったら、元の場所からどのくらい離れているかを見て楽しみます。

人数が少なく、広いスペースがあるところが望ましいです。

怪我のないよう、大人も見守りましょう。

 

周りのお友達はただタイマーを持つだけでなく、「となりのトトロ」の「さんぽ」などを歌うといいです。

「あ、る、こ〜!あ、る、こ〜!私は〜げんき〜🎶」

みんなで歌うと楽しい気持ちになりますし、目をつむっている子も不安な気持ちになりません。

 

 

さて、最後の1点の発表です。

それは、、、

②万歩計

万歩計です。普通に買うと2000円くらいしますが、100円ショップに売っていることがあります。リセットボタンがついているだけのシンプルなつくりです。

 

はっきり言って、万歩計としてはあまり性能がよくありません。

 振っても正しくカウントしてくれないことがあるのです。

万歩計として買っていたら、私なら捨てています。

 

しかし、おもちゃ、という視点でみると信じられないくらい優秀です。

 

万歩計をひたすら振って「10000」を目指す。それだけです。

それだけのことに子どもは夢中になります。

数字が増えていく、それだけのことが子どもたちには嬉しいのです。

そして、子どもは万歩計が正しくカウントできているかどうかにあまりこだわりがありません。これは意外でびっくりでしたが、何だかどうでもいい様子です。

 

2つ以上あると、競争もできて楽しいです。

 

さらに、安い万歩計は、振ると「カチカチ」という音がします。

このカチカチという音が心地いいようなのです。ただただ振ってカチカチ鳴らすのを楽しんでいる子がたくさんいます。

 

万歩計…こんなにハマるとは思いませんでした。

そして意外に電池も持ちます。

 

 

意外な100円ショップおもちゃ、ぜひ試してみてください!

子どもは不完全な大人③イギリスファッション史から見る、子どもの誕生

 以前、西洋で「子ども」という概念が生まれたのは18世紀になってからだった!という話を書きました。

www.ma-naru.com

 

中世ヨーロッパでは、赤ちゃんがミイラのようにぐるぐる巻きにされていることも書きました。曲がった足をまっすぐにするために、大真面目にやっていたのです。

本当に恐ろしい。

 

衝撃的なことを書いたものの、やはりビジュアル的にサポートする資料はないものか、と家の中をガサゴソしていると、見つけました!!

f:id:ma_naru:20181015231224j:plain「English Fashions」

イギリスの服飾史をカラーのイラストと文章で時代別にわかりやすくまとめています。

そこそこ古い本に見えますが、発行年が書いていませんでした。

 

ノルマン時代から始まるこの本の、中世の時代のページがこちらです。

f:id:ma_naru:20181015231432j:plain

14世紀初め、と書かれています。

騎士の時代です。

右ページの赤ん坊を抱いた女性に注目です。

f:id:ma_naru:20181015231651j:plain

赤ちゃんが!ミイラみたいにぐるぐる巻き!!

 

あくまでも!不完全な大人から早く立派な大人になってほしい、という親心です。

しかし、どう考えても、心身ともにいい影響は与えそうにないですね…。

 

続いて、エリザベス時代シェイクスピアの時代です。(1600年ごろ)

f:id:ma_naru:20181015231904j:plain

ひだひだの襟を作る工房の様子が描かれています。

シェイクスピアの首のところに巻かれているあれです。

 

この工房では、小さな子どもも大人と同じように働いている様子が描かれています。

もっと小さな子は歩行器に入っているようです。

遊んで欲しそうですが、お姉さんらしき子供の手はとても忙しそうです。

横で椅子に座って襟を作っているのは母親でしょうか。

この時代、裕福な家の子息は学校に通っていて、ラテン語などを学んだそうです。

 

 

続いて、時代は飛び、ビクトリア時代中期(1851年)

「子どもは不完全な大人①」

で19世紀中頃には児童文学が花開くことを書きました。

この絵は第一回万国博覧会クリスタルパレスを背景にしたハイド・パークの風景です。

ここまで、一切登場しなかったものが、この絵の中にあります。

f:id:ma_naru:20181015232733j:plain

それは、子ども用のおもちゃです。

男の子がひもで引く機関車、女の子の足元にあるボール。

 

子どもの為の遊具なんて、それまではほとんどなく、木の棒でチャンバラしたり、大人のモノマネをするような遊びしかなかったのに、明らかに子どもの世界が生まれていることがこの絵から伺い知ることができます。

 

やっぱりビジュアルがある方がイメージしやすいですね。

なかなか面白い本を買っていたんだなあ、と今更ながら感心しています。