なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

第一線で活躍するアーティストが考えていること

自分のトークではボッコボコにやられて、ちょっと凹んで、立ち直ろうと頑張っているなる子です。 

www.ma-naru.com

 

アーティストトークに出たと言っても、小さなアーティストの集まりです。そういう意味では、世界の第一線で活躍しているアーティストのトークとは全然ステージが違うのです。

 

小さな世界で落ち込みまくったり、反省したり、ちっぽけな自分のアーティストトークの記憶を残しつつ、行ってきました。

 

リニューアルオープンしたばかりの、

東京都現代美術館!!

MOT+!!のアーティストトークです!

f:id:ma_naru:20190424000040j:plain

www.mot-art-museum.jp

現在は所蔵作品を中心とする『百年の編み手たちー流動する日本の近現代美術ー』展を開催中。まだまだ助走期間ですね。

 

私が期待しているのは来年3月のオラファー・エリアソンの大規模個展。

 

2003年、ロンドンのテート・モダンでの『Wether Project』は伝説。タービン・ホールに現れた大きな太陽に感動した人はたくさんいます。

なる子は、、、この頃はまだロンドンにいなかった。くぅ…見たかった。

 

そんなオラファー・エリアソンは2018年末、ロンドンのテート・モダンの庭などにグリーンランドから運んできた巨大な氷の塊が少しずつ溶けて消えるまでのインスタレーションを展示したばかり。環境問題も他人事ではなくアートを通して実際の体験となる話題作。その氷から発せられる冷気を感じたり、実際に触って「冷たい!」と確かめたり、パチパチと氷の中から弾ける太古の空気を聴いたりする体験は、百聞は一見にしかずのその向こう側にあるのです。

 

これも見れなかった…くぅ…。

 

そんなオラファー・エリアソントークが聞けるというチャンス!

行ってきました。

f:id:ma_naru:20190424101656j:plain

どんな方なんでしょう。

 

「森の中に住んでそうにも見えるし、スーパーカー乗り回しているようにも見える。」(友人談)

 

売れっ子アーティストですものね。笑

 

 

アートは個人的な体験 ミクロからマクロへ

 絵画や彫刻の場合、作品そのものの見え方は誰が見ても大きな差異はないけれど、アラフォーの作品は現象であり、個々の体験であるので、鑑賞者によって、見え方が異なるのだ、という話から始まりました。

 

同じ時間、同じ場所にいたとしても、立ち位置によって見え方が異なる、それは儚い体験なのだと。

 

個別の体験とはつまり、鑑賞者が作り手になるということ。

 

アートは、「ああ、これは知っている感覚だな、知っている気持ちだな。」と記憶を呼び覚ますことがある。

 

また、無意識の中にあるものと重なり、言語化されていく。「心の中を聴いてくれた。拾い上げてくれた。」我々がアートを見ているのではなく、アートが我々を見てくれているのだ。

 

そして個人的な体験は、共有することで、Me→Weへ。

個人(ミクロ)は地球規模(マクロ)で変えていくことができるのだ。

 

え?意味わかんない?

 

ちょっと待って。私の拙い説明が悪いんだ。

 

アートは誰のため

アーティストとして、「アートとデザインの違いとは」が話題に上がることがあります。なる子が学生だった頃、ある若い学生が、「デザインは自分のためにする仕事。アートは他人のためにする仕事。」と言いました。

 

なる子は、「あれ?逆じゃないの?」と思ったのです。

アーティストのイメージは、わがままで、破天荒で、自分勝手に作品を作っている。それに対して、デザイナーはクライアントがいて、人の為に仕事している。

 

デザイナーが自分の為に仕事しているかどうかというのは、今も賛同しかねるけれど、アートが決してアーティスト個人の為のものではなく、人々の役に立つものである、そういう時代であることは、オラファーの作品を見ると納得がいくのです。

 

オラファーは今、Little Sunというプロジェクトを進行中です。これは、太陽の形のソーラー充電できるライト。5時間ソーラー充電すれば、明るいLEDライトが一晩輝くというライトです。

これを電気がまだ来ておらず、軽油で明かりを取っているような地域の家庭に渡して使ってもらうというプロジェクトです。

ひと家庭で起きた小さな変化でも、何千、何万軒と広がれば、大きなエコ活動となる。

こういったことを企業や各国政府、国連をも巻き込んでやろうとしているのです。アートが社会と繋がることは、これからもっと多くなっていくことでしょう。

 

現代のアートが決して自己中心的なものではなく、誰かの役に立つものになる、それを実践しているアーティストだとトークを聞いて思いました。

 

オラファーがアートを通して得た気づきとは

アートは心の思いに応えてくれた、聞いてもらえたという気持ちになれる経験だとトークの冒頭で言っていました。

ある女性が、「オラファーさん自身が、応えてもらえた、聞いてもらえたという気持ちになった初めての経験を教えて欲しい。」と聞きました。

(こういう素晴らしい質問ができる女性を私は心から尊敬します!)

 

オラファーさんのお父さんは料理人で、余暇は絵を描いて過ごしていたそうです。

お父さんは、オラファーさんの初めての絵の先生であったけれど、「〇〇を描け」という教え方はしなかった。「ぐちゃぐちゃでいい。自由に思うがままに描くといい。その中に自分で何かを見つければいい。」そう言われて、ぐちゃぐちゃぐるぐると描いた線の中に、ある時、「トラと太陽」が見えた。それがオラファーさんにとって忘れられない最初の「アートが応えてくれた」経験だったそうです。

 

オラファーは、自分の受けた教育がバックグラウンドにあるということを前提とした上で、「子どもはまっさらな状態で生まれてくる。何かを描こうとする時に、家だ、猫だと決めつけたり、そう描かせようと強制しないで欲しい。」と最後に締めくくりました。

 

未来の子どもたちの為に。

 

自分の為ではなく、誰か他の人の為にできることを考えるアーティスト。

 

振り返って自分を見つめ、できることを考えたいと思うのでした。

アーティストトークでボッコボコにやられました。でも、落ち込まないで!

 

 

アーティストトークとは

アーティストトークのやり方はアーティスト次第で特にフォーマットはないし、自由に喋ればいい。まあ、無名アーティストの場合、作品と自己紹介的な内容になることが多いかも。

 

そんなアーティストークをしてきました。ボッコボコにやられて凹みました。

素晴らしい作家たちの発表が終わってからのトリのなる子。

トリだったのは、全く意図されたものではなく、枠が空いてたから入れられただけ。

発表を終えて質疑応答時間、厳しい意見も飛び出したのです。なんとなく批判的な空気が漂う中、だんだん冷静でいられなくなり、質問や意見の内容が頭に入ってこない。

 

 

テンパってしまってうまく答えられなかった。せっかくの皆さんの意見なども即座に整理できないし。

 

フォローを入れてくれる人もたくさんいて、色々励ましてくださったけれど、自分の脳みその使ってなかったところをこじ開けられるような感覚に正直追いつけなかった!

 

悔しい!

 

数日経って、思うことは。

議論が起こることは悪いことではない。

 

私の作品はアートとデザインとクラフトのボーダーをさまよっているような雰囲気で、日本のコンテンポラリーアートの文脈の中では「これはアートなのか?」となりがち。

そのことをコンプレックスに思っていて、いかにも現代アート作品を作るアーティストにめちゃめちゃ憧れと尊敬と嫉妬心を抱いていた。

 

だけど、批判があったり面白がってもらったりするということは、可能性があるということだ!

箸にも棒にもかからないアートならスルーされて終わっていた。

期待値があるから、人は批判するのである。

 

これは、カスタマーサービスでも同様。

クレームはお客様の期待の表れである。

 

批判する人が出ることで、擁護するような意見も出たし、一気に味方がたくさんできた気持ちになれた。トークの後でわざわざ作品を見にきてくれる人が結構いて、これはビューワーに何かの引っかかりを抱かせることに成功しているんだ!

 

まだまだアートの道の再始動は本当にスタートしたばかりで、自分自身に足りていないアートのボキャブラリー、考察やリサーチの弱さであったりとか、そういったことを考えさせられた。

 

正直、批判意見はダメージを食らうし、ちょっと落ち込んだ。言葉に対し、言葉で上手く返せなかった悔しさよ。

 

でも、なる子、もう一回自分に言い聞かせるよ。

 

落ち込む必要はなし。

議論を生むアートには可能性があるのだから。賛否両論あることが、社会と関わりを持てている証拠で、それこそがアートの役割の一つなんだ!

 

なんだったら、本当の賛否両論にはまだまだ程遠いわ!

 

新年度、新しい場所で、厳しい意見などに打ちのめされている人が、なる子の他にもいたら伝えたい。

 

「あなたには可能性がある。」

 

                   まあなんとかなる子より。

 

 

 

f:id:ma_naru:20190423003608j:plain

 

香港鐵路博物館 期待だけはしないでほしい

一般的な女性より、少々鉄分多めのなる子です。

 

中国の新幹線、広深港高速鉄道の「写真を撮りたい」と言って、長い電車の先頭まで駆けていき、満足気に戻ってきたあたりからバレていたのだと思うけれど、香港の鉄道博物館に連れて行ってくれると言う。

 

やった〜!

 

f:id:ma_naru:20190406013542j:plain

 

香港鐵路博物館(Hong Kong Railway Museum)は大埔(Tai Po)という街にあります。いかにも田舎の町という風情でちょっと寂れた感じもありつつ、ゆったり時間が流れているように見えました。

マーケットはこじんまりとしているけれど、日常の買い物客で賑わっていて、いい感じ。全体的にドリアン臭が漂っています。

その中に不思議なお店がありました。

紙でできたおままごとセットのようなものがずらりと並んでいます。

すかさず、案内の人がお店の人に写真を撮っていいか、聞いてくれました。

f:id:ma_naru:20190421224451j:plain

快くOKしてくれたのですが、このお店は火葬の時に一緒に燃やすお供えを扱うお店ということ。生前好きだったり大事だった物のレプリカを一緒に燃やすのだそうです。

お金が好きな人、服やカバン、ペット、など。

子ども用品のレプリカを見ると辛い気持ちになりましたが、興味深い文化だと思いました。

 

さて、そんなマーケットの近くにある鉄道博物館。線路沿いに建っています。1913年に建てられ、1984年まで実際に使われていたという旧駅舎です。

美しい!

f:id:ma_naru:20190421225348j:plain

 

そして、小さいぞ!

 

f:id:ma_naru:20190421230110j:plain

 

中の展示もコンパクト。香港の鉄道の歴史が描かれています。

今は片田舎の町の風情の大埔ですが、かつては北へのアクセスに主要な都市だったのですね。

 

駅舎の窓、おしゃれ。

f:id:ma_naru:20190422014040j:plain

切符。やはり英国統治時代の雰囲気が出てますね!

f:id:ma_naru:20190422014054j:plain

切符売り場。雰囲気あるな〜。

f:id:ma_naru:20190422014131j:plain

屋外には機関車などの展示が…!

おお!これこれ!!

初期の機関車は客車に屋根がなく、暑さや風雨に耐えながら乗っていたらしいですよ。

ひえ〜。

f:id:ma_naru:20190422014119j:plain

1台以外はメンテナンス中らしく、見れませんでした。

f:id:ma_naru:20190422014106j:plain

本当は中に入って、座席に座ったりできるはずなのです。

残念。

 

あ、こんなところにもさり気ない展示がありました。

f:id:ma_naru:20190422014145j:plain

 

 以前、記事にしましたが、駅舎はコウモリの飾りが印象的です。

f:id:ma_naru:20190422014902j:plain

 

f:id:ma_naru:20190422015833j:plain

f:id:ma_naru:20190422015943j:plain

他にもオシドリカササギ、ボタンなど中国風のレリーフがとっても素敵です。

英国統治時代でありながら、和洋折衷ならぬ、中洋折衷のデザインを採用した当時の人たちのセンスに関心しました。
www.ma-naru.com

香港旅行お気に入りの場所の一つです。

 

ただ、大きな期待だけはしないでほしい。

 

とても小さな博物館なので、香港中心部からわざわざ行ったとしても全部見るのに所要時間20分くらいあればじっくり見れちゃいます。 

 

 

 

香港実業家の働き方と本音

香港に行った時、アート系の事業もたくさん展開する実業家の人がいろんな所に案内してくれました。これまで、そんな人と話をすることもなかったので、様々な場面で衝撃を受けました。特に時間に関することは、学ぶことも多かった。

 

とにかく休むことがない。朝は早いし、夜は遅い。いつ寝てるんだ。

 

メッセージの返信は瞬間的に送っている。

特にボイスメッセージの多用がすごい。

もちろん電話もかけまくるし、たくさんかかってくる。

無駄に長い電話はしていないように見える。

クリスマスやニューイヤーは香港は祝日じゃない。

旧正月は、日本やヨーロッパは祝日じゃない。

だから365日休みはない。

歩くのが超速い。

小走りで追いかけて、「速い。」と言うと、「モーニングエクササイズ。」と返された。姿勢もよく、かっこいい。

奥さんを大事にしてる。奥さんもビジネスウーマンで、電話が鳴りっぱなしの様子だった。

海外出張が多く、飛行機に乗りまくっている。

今度の日本出張は10時間滞在だと言っていた。は?

 

なる子の帰国便の時間を聞いて、「電車駅でチェックインしてるから、30分前に飛行場に着いてたら十分間に合うよ。」と言っていたけれど、無理でしょ。少なくとも精神的に無理。

 

待つ時間は相当無駄だと思っているらしい。

 

この人を観察すれば、自己啓発本1冊書けそうな気がした。

 

もちろん、日本にだって休みなく働いている人はたくさんいると思うのだけど、ぐうたらな性格のなる子は、

「って言うか、サイボーグか!」

と、特にひねりもないツッコミを心の中でするのでした。

 

「他の人たち、僕のことワークホリックって言ってた?」と聞くので、

「え?他の人たちは知らないけど、私はワークホリックだと思うよ。」と答えると笑っていました。

「この生活がクレイジーだとわかっているけど、自分で選んだ道だから。あと数年すれば、休みを取れることもあるかもしれない。」と遠い目。

 

 

 

現在、香港の中心街に住む彼は、かつては郊外に住んで車で通勤していたらしい。

 その数年間暮らしていたという場所に連れて行ってくれた。

 

なんだここはー!!めっちゃいい所じゃないか!!

 

f:id:ma_naru:20190419232523j:plain

 

漁村にほど近いこの場所は、ちょっとした別荘地なのだろうか。

とてもピースフルで、心が落ち着く場所でした。

何時間でもいられる…そんなのんびりした雰囲気。

でも、台風が来ると海が荒れて大変なんだって。

 

香港の中心部の家は狭くて高いことで有名。

 

この海辺の家にまた住みたくて頑張っているんだろうな〜。

 

サイボーグと思った実業家の本音がチラ見えした旅でした。

アーティスト飯がヤバすぎる件

狂った新生活、アーティストへの道

朝から晩まで制作する生活はたしかにちょっと狂っている。

 

私が今制作しているスタジオは若いアーティストもいるけれど、アラフォー以上のアーティストが意外に多い。

そこそこの年齢までアーティストを辞めなかった人たちの働き方(制作ペース)は常軌を逸している。

 

はっきり言って、美大芸大卒業したってアーティストになれるわけではなく、だいたいみんな貧乏で辞めていく。

親が非常に裕福で、支援を受けながら活動できる人もいるけれど、ほとんどの人が金銭的限界と精神的限界を感じてやめる、もしくは趣味程度に収まるのが現実。

 

スタジオに集まっている大人の人たちは、どんな逆境にも耐えてアーティストとして生きる道を選んだ人たち。ほとんどの人がアルバイトもしながら制作していて、中にはフルタイムで会社員をしながら夜と土日は制作していて、一年中疲労でふらふらという人もいる。

 

なる子もロンドンから帰国した頃には、生活が立ち行かなくなり、フルタイムで働く道を選びました。ブラック企業に当たってしまったり、転職先も都内で生活するには薄給だったり、責任も重かったり職場が小旅行並みに遠かったりと両立するのは厳しい状況。このままアーティストの筆を折るのかと、苦しい気持ちでいたけれど、どれだけ悩んで苦しんでいても、毎月最低限のお金が入ってくる事実は、生活の土台になり、心の安定をもたらした。

 

それを捨てても、アートの道に戻りたい、と決意し正社員の仕事を辞めて無職になるのだから、一般的には狂ってると思う。

 

今、スタジオで制作していると、アーティストを続けられる条件がお金だけではない、と言うことがはっきりと言える。 

 

朝ごはんを食べる時間も惜しいと電車に飛び乗り、スタジオに到着するなり作業に取り掛かり、気がついたらげっそり。なんていうアーティストは一人や二人ではない。

 

そして、お金がないからなのか、時間が惜しいのか、アーティストのスタジオご飯のクオリティがひどい。お金の余裕がありそうな人でもひどいので、多分後者(時間が惜しい)なんだと思う。

何に取り憑かれてそうなるのか、自分でもわからないけれどもアートは魔物である。

 

ミニキッチンがあるので、簡単なものは作れるし、外に行けばそれなりに食べる場所もあるのだけれど、ほとんどのアーティスト飯が、カップラーメンや、サトウのごはん、混ぜるだけのパスタソース、など、炭水化物中心の健康ブームに真っ向から対峙するようなメニュー。

 

先日は、私も含めて3人がサトウのごはんだった。そのまま、茶碗とかに入れ替えることなく、カレーをかけたり、唐揚げを載せたりして食べていた。

 

室内にこもって絵を描いたりしているだけだから、お気楽なものと思われがちだけど、

「制作って頭使うせいか、すごくエネルギー必要だよね。特に糖分、コメ系の。」

というのが、サトウのごはんかぶり3人の総意である。

 

フルタイムで会社員をしながら制作しているという女性アーティストは、とても丁寧な作品を作る人で、デスクの上はいつも綺麗に整頓されている。

しかし、その整った机の上に並んだ制作道具の中に、とんがりコーンがそびえ立ち、カレド・ショコラが鎮座している。 

 

近くのスーパーのお弁当が8時半になると半額になるそうだ、と言う情報が入ってきた。果たして8時半まで待てるのか、と問われると、多分私は待てない。その噂を回してきた本人だって、昼夜用のつもりで買った2食分のカツ丼を午後4時に全部食べて、1日1食だったことがある人だ。それは1日1食なのか、2食なのか、もう誰にもわからない。

 

こつこつ作り続けなければ終わりはないから、サボったら負け!

見えない何かと戦いながら、食生活がどんどん歪んでくる。

f:id:ma_naru:20190418212404j:plain

自己管理をどこまでできるか

制作する時間をできるだけ長く取りたい、と思うと「簡単・早い」が最重要となってくる。買いに行ったり、食べに行ったりすると結構時間がかかるから、朝ごはんを食べながら、お弁当を作って出ることもある。

 

しかし、今日の私は、何かダメなものを食べてしまったらしく、ほぼ1日トイレの住人となってしまった。自分で作ったものでお腹を壊しているのだから、しょうがない。

 

そしてこうなると制作どころではないのである。

 

お腹の弱さに屈した1日だった。

 

ちょうど、勢いよく制作を始めて1週間経ったところだったから、少し休ませろという合図だったのかもしれない。

 

周りのアーティスト飯に惑わされてはいけない。

 

皆さんもどうか、自分に合った自己管理を!

 

【祝】子ども科学電話相談がレギュラー番組になったことを伝えたい

大事なお知らせ

夏休み、冬休みと、長期休みの心のオアシス、NHKラジオの「子ども科学電話相談」

人気すぎて、今年の4月から

レギュラー放送になりました!!!

f:id:ma_naru:20190417012915j:plain

わ〜い!やった〜!

www4.nhk.or.jp

毎週日曜日10時05分から2時間放送。

2時間とは、なんて素敵で豪華なんでしょう。

 

まずは『らじる★らじる』のアプリをダウンロードしましょう。

リアルタイムで聴けなくても聴き逃し配信があります。

私は作品制作中に聴いています。とっても癒しで励まされます。

www.nhk.or.jp

もう単純に子どもたちがかわいいのです。

あどけない声の女の子が

ヴェロキラプトルとプロトケラトプスはどうして戦ったまま化石になったの?」

と質問したり、とんでもない知識をちびっ子が電話相談で披露してくれるのも楽しいところ。それに対して、専門家の先生たちが遠慮なく答えていくのがとてもいい。

 

子どもでもわかるような言葉を選んだり、子ども自身に考えさせながらやり取りするところなんか、先生方の凄さに圧倒されます。

 

先の質問の答えは、ダイナソー小林先生によると、「砂嵐で埋もれたのではないか」と言われているそうです。モンゴルのゴビ砂漠で発見された非常に状態の良い化石なんだそうで、レプリカが群馬県神流町恐竜センターにあるそうですよ!

 

鳥類学者になるためには

アナウンサーさんの番組進行力にも注目してほしい。スタジオに来てくれた子どもに、「先生とお話できて面白かった」という発言を多分期待して「今日スタジオに来てみてどうだった?」と聞いてみたら、「エレベーターがたくさんあった!」など、全然的外れな答えが返ってきても、めげずに軸を戻そうとしてくれる。

専門家の先生が難しすぎる説明をした時に、噛み砕いて言い替えてくれる。アナウンサーさんも、プロだなあ!って思うのです。

 

「鳥類学者になりたい」という男の子が来た時には、「先生、鳥類学者になるために大事なことってありますか?」とすかさず聞いてくれる。

 

この番組に出てくる先生たちは、こういった質問が来た時に「勉強しよう。」と言う人がほぼいない。

 

 

鳥類学者の川上先生は、「鳥が好きで見るだけでなく疑問を持つことが大事。」と言っていて、さらに3つの大事なことをまとめてくれました。

 

これが、結構普遍的なことを言っているように思ったので、ここに書いておきます!

 

3つの大事なこと

「体力をつける」

「集中力をつける」

「疑問をもつ」

 

アートの世界でも大事なことだわ。本当にありがとう、子ども科学電話相談!

 

最後に

おすすめなので、もう一度リンクを貼りますよ。

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

www.nhk.or.jp 大人のあなたにも是非、聴いていただきたい。

新生活、この気合いをどう継続するか

意を決して退職してから約2週間。毎日が楽しくて楽しくて仕方がないなる子です。

最後の出勤日の翌日には香港へ飛び、アーティストとして招待されて行ったので、信じられない好待遇で 観光 視察しまくり。帰国してからは、とあるアートスタジオを短期間で借りて制作の日々です。

 

毎日素敵なアーティストに囲まれて制作できるなんて、もう嬉しくて嬉しくて、毎朝早く家を出たくてうずうずしています。

 

この高揚感はいつまで続くのでしょうか。興奮しすぎて呼吸困難になりそうなくらい。

 

しかし、現実は静かに忍び寄ってくるのです。

 まずは、「退職金いつ入るの!?問題。」

 

そうかー。3月分の給料と一緒に支払われると思い込んでいたよ。まだ入らないよ。

ゆっくりなのね〜。離職票もまだ届いていないよ〜。

 

国民年金国民健康保険の切り替えは行ってきました。会社都合の退職だと、国保は軽減があったりするんですよね。きっと私は軽減対象にはならないんだろうな〜。自己都合退職だから。自分の計算がアホすぎて1ヶ月の生活費の見込みにちゃんと入れていなかった。あ〜、やばい。高いよ〜。

 

社保と同じ理由で、離職票が届いても失業保険は3ヶ月間はもらえない。

新しい仕事が3ヶ月以内に決まれば失業保険はもらえないってこと。 

 

アートスタジオだって、場所代は有料レンタルだから。 

ああ、貯金の切り崩し生活…始まる!

 

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

新生活、と言えば新生活ですが、大体のものは揃っているので、家の中で何か新しく買ったものはないんですよね。

引っ越してきたばかりの頃を思い出すと、新しいマグカップとか買うと気持ちが高まりますね。そう言えば、今年は退職を決めて、真っ赤な口紅を買いました。仕事では絶対につけないような色だから、新生活への気合いを口元で決めてやろう、という大学デビューみたいな恥ずかしい理由です。

 

 

4月は何か新しいことを始めるのにはぴったりですよね。英会話とか、スポーツとか。

もしなる子が真面目に何か勧めるとしたら、ヨガです。

10年以上前ですが、ロンドンでビクラムヨガというホットヨガを始めて、帰国してしばらく辞めていましたが、ホットヨガを再開してもう4年くらいになります。一番近くにあったのがLAVAだったので、そこに通っています。

仕事でバキバキになった体のメンテナンスと筋力アップが一番の目的。簡単には痩せはしない、ということは強調しておきたい。(※あくまでも個人の感想です。効果は人それぞれです。)

 

もともと運動は全くしないので、ヨガに通っていると言ってもそんなにストイックではなく、月に4回のコースを利用してます。筋力アップしたかと言うとそうでもないかもしれないけれど、年齢と共に衰えていく身体をなんとかしようと頑張って続けています。私でも続いているので、スポーツは苦手という人にヨガはおすすめなのです。

 

別にホットヨガでなくても、普通のヨガとか、ピラティスとか、ジョギングでもジム通いでも、自分に合ったものでいいと思うんです。ただ、何をするにも体力はとっても大事。「子ども科学電話相談」のバード川上先生も先日おっしゃっていました。「新しい発見をするために、これまで人間が行けなかったような場所にも行きたいのだ」と。

 

なので、これから貯金切り崩し生活でも、とりあえずホットヨガは辞めません。

 

 

人間とは、ちょっとでも怠けようとすれば、あっという間に楽な道を選んでしまいがち。このブログがいつの間にか200記事を超えていたように、続けると決めたことを継続していきたいと思います。