なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・キッズ応援ブログ

ゲームでお絵描き『新種の生き物発見!』

f:id:ma_naru:20210922124336p:plain

生き物や昆虫が好きな子なら、『新種発見!』のニュースにわくわくするのではないでしょうか。この数年でも新種は発見されているし、地球上にはまだまだ未知の生物がいるに違いありません。

 

私が、子どもたちと一緒にするミニゲームの中で、『新種の生き物発見!』は特に人気ゲームの一つでした。元々似たようなゲームがあったのをタイトルを変えてより一層わくわくする楽しいゲームにアレンジしたのです。

 

ゲームの基本はモンタージュです。目撃者情報から似顔絵を描いていくアレですね!

触れ合うゲームが難しい昨今、これはしゃべるだけでいいので気を遣うところが少ないし、モンタージュ絵かきになる人は絵が上手じゃなくてもいい。むしろその方が面白いし盛り上がりそう。ゲームの内容を4コマにしてみました。

 

ゲーム『新種の生き物発見!』

f:id:ma_naru:20210922121842j:plain

顔や体の形、好きな食べ物、どんなところに住んでいるか、どこで発見されたか、など架空の生き物の特徴をみんなで作っていくゲームです。

でも、「新種の生き物を発見した!」というストーリーが、「もしかしたら本当に身近に新種の生き物がいるかもしれない」という子どもたちだからこそ持っている好奇心や想像力が掻き立てられ、わくわく楽しいゲームになるのです!

 

『新種発見ゲーム』を絵画に取り入れてみた

シュルレアリスムの代表的な画家、ダリの絵で麒麟のようになが〜い足の象の絵を見たことはありますか?

また、ヒエロニムス・ボスやピーテル・ブリューゲルの絵画の中にも不思議な生き物がたくさん出てきます。奇想天外な生き物を考えるのは簡単なことではないけれど、ゲームの感覚で描けば意外にできちゃうし、とても楽しいので、やってみましょう!きっとあなたらしい新種が発見できるはずです。

 

 

『ハリクマ』

f:id:ma_naru:20210922122656j:plain

名前:ハリクマ

大きさ:体長130cm、小学生くらいの大きさ

特徴:背中を中心に針のような毛で覆われている。他の生き物を襲わなくなった熊のため、身を守るために進化した。好物はりんごで、食べ過ぎて赤色の斑点が出てきた。

生息地:青森県

 

 

『糸くずトンボ』

f:id:ma_naru:20210922122650j:plain

名前:糸くずトンボ

体長:1cm

特徴:その名の通り糸くずのような形状をしている。衣類を好む小さな虫を主食とする。警戒心が強く、人が近づくと糸くずに擬態して隠れる。とても上手に隠れるので長く存在が知られていなかった。衣類につく虫を研究していた人がたまたま発見した。世界最小のトンボ。

生息地:タンスの中

 

 

とまあ、こんな感じで、小学生くらいなら図鑑のようにキャプションをつけると一層ストーリー性が出て面白いと思いますよ!

基本のびっくり箱

f:id:ma_naru:20210829013413p:plain

簡単びっくり箱を作ろう

今回は、簡単で楽しいびっくり箱を作りますよ!

基本を知っておけば、アレンジもできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

用意するもの

牛乳パック1〜5個くらい、お好みで

輪ゴム 牛乳パックの数x3

カッターナイフ、ハサミ

 

 

作り方

牛乳パックの底と注ぎ口の部分は切り落とします。こちらは使いません。

胴体の部分を約6cmの幅に輪切りにします。

f:id:ma_naru:20210829005233j:plain

 

図の位置に切り込みを入れます。2mm程度でOK。

f:id:ma_naru:20210829004819j:plain

切り込みを入れたところに引っ掛かるように輪ゴムをかけます。

f:id:ma_naru:20210829005503j:plain

 

全部輪ゴムをかけます。

f:id:ma_naru:20210829005542j:plain

輪ゴムがビヨ〜んと伸びるように広げて閉じます。

f:id:ma_naru:20210829005615j:plain

 

こんな感じでね。もうすでにぴょ〜んと飛ぶ準備はできているので、飛ばないようにしっかりおさえてくださいね。

f:id:ma_naru:20210829005703j:plain

 

箱の中に入れます。そのまま押さえながら蓋を閉める!!

f:id:ma_naru:20210829005740j:plain

 

箱はなんでもいいです。蓋付きお菓子の缶箱とかもいいですね。

手元に素敵な箱が見当たらなかったのでダンボールで作りました。牛乳パックの飛び出すパーツが20個くらいは入りそうです。

f:id:ma_naru:20210829005822j:plain

 

開けてみてね!

 

 

飛び出す飛び出す飛び出す!楽しいびっくり箱の完成です。

 

今回は基本の作り方だけ解説しましたが、デコレーションしたり、パーツを繋げてヘビみたいにしたり、アレンジして作ってみてくださいね!

作って遊べるトイシアター

f:id:ma_naru:20210811012633p:plain

これまで市販のトイシアターをご紹介したことは何度かありましたが、これはいよいよ本格的に作りたいものだ、と考えておりました。

子どもでも作れる簡単なものが良いな〜、ということで、以前おまけでもらったトイシアター(高さ5cmくらい)を参考に、もう少しサイズアップしたミニトイシアター(高さ15cmくらい)を作ってみようと思います。 

 

www.ma-naru.com

 

用意するもの

・厚紙

・定規

・カッター

・のり、ボンド

・テープ

・装飾は自由(絵の具、画用紙、シールなど)

 

(幕を作る場合は、18cmぐらいの竹ひご、シアターのサイズに合わせた布)

作り方

ここでは、わかりやすいように方眼紙を使いますが、色を塗ったりするなら厚手の画用紙など無地のものを使うといいです。

f:id:ma_naru:20210811000948j:plain

黒く塗りつぶした部分は垂れ幕を下げるようの溝なのですが、幕なしで作るなら不要です。

 

切り抜きました。

左:背景

右上:前面と側面のフレーム

右下:床部分 上下2cmの所で折れるように筋を入れます。

f:id:ma_naru:20210811001206j:plain

 

先に装飾をしましょう。直接ペイントしてもいいし、色々貼るのも簡単でいいですよ!

f:id:ma_naru:20210811005009j:plain

背景に使ったのは、エリック・カール風アートで紹介した技法で作った紙。

トレーシングペーパーに絵の具を紙片で擦るように塗っています。

www.ma-naru.com

 

 

キャラクターは、紙の棒に貼り付けました。

「さんかくくん」と「しかくさん」です。

f:id:ma_naru:20210811005023j:plain

くるっとひっくり返すと表情が変わります。

ごっつんこして二人ともびっくり。さんかくくんのとんがってるところが当たってちょっと痛い。

f:id:ma_naru:20210811005034j:plain

 

組み立て方はこちらを参考にしてください。

折り目はカッターで薄く筋をつけておくと綺麗に折れます。

 

 

組み立てました!

シンプルな仕組みで作ることができて満足です。

f:id:ma_naru:20210811001128j:plain

幕は、竹ひごに布の端をボンドでつけて溝に引っ掛けるようにすれば作ることができます。両脇にはみ出た部分をくるくる回せば幕が上がります。

 

(写真を撮る前に行方不明になっちゃって説明イメージがなくてごめんなさい!いつか追記できますように…)

 

幕はなくても楽しいよ!(こらこら)

 

 

前面は、はみ出すように別のフレームをつけてもGood。

モノトーンにしてみるのもかっこいいかも!

f:id:ma_naru:20210811001044j:plain

 

昔話などをテーマに作ってみるのも面白いし、自分のオリジナルのキャラクターやストーリーを考えるのも楽しいですよね。

 

アレンジ方法たくさんありそうなので、ぜひ工夫して作ってみてくださいね!

夏休み工作としてもじっくり作ることができるのでいいですよ〜

世界が明るく鮮明になったあの日

f:id:ma_naru:20210720093701p:plain

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

本日はお題ネタです。

 

あの日

 

遺伝か、それとも漫画の読みすぎか。小学校3年生くらいから近視の傾向が出てきてから、抵抗虚しく順調に落ちに落ちまくった私の視力は、中学生の頃には左0.03、右0.01というピントが合う視野15cmにまで達してしまったのでした。

 

しかし、ありのままの自分を受け入れたいエルサマインドを持っていた私は、教室の席は常に1番前、もともと細い目をさらに細めながら遠くにいる友達が誰か推測しながら手を振る日々。「あいつ、睨んでくる」と思われていても仕方なかったかもしれない。

 

流石に厳しいと思い、メガネを作ったものの、メガネをかけたまま歩くと酔いそうで、授業の時だけかけていました。

 

しかし、ついに、決意するのです。

 

コンタクトレンズにする!!

 

日々コンタクトレンズを使い捨てている現在の状況を考えると信じられないかもしれないですけど、コンタクトレンズはとても高価なものだったし、まだまだハードとソフトと選べる時代で、ソフトコンタクトレンズも保存容器、保存液、煮沸消毒機などを準備しなくてはならず、なかなかの大ごとです。使い捨てではなく1〜2年使い続けるのです。

 

そして、「ソフトいいよ」という噂を信じ、ソフトコンタクトレンズをついに入れました!

 

この日です。世界が明るく鮮明になったのです。メガネのような酔いもなく、まるで、本当に自分の目で見るように世界が見えている。

翌日の体育の時間のことを覚えています。

授業の時はメガネと書きましたが、それは教室にいるときだけで、体育の時間は裸眼で受けていたのです。(逆に危ないよな〜)

 

広い校庭で、三角座りをして、どこまでもどこまでもクリアに見える景色に感動していました。

 

ああ。20世紀最大の発明はコンタクトレンズだ!!

発明してくれた人、ありがとう!!!!

 

心の底からそう思ったのですが。。。

 

後に知ることとなるのです。

 

ガラス製コンタクトレンズの発明は1887年、ドイツの学者アドルフ・ガストン・オイゲン・フィックによるものと言われていると。。。

 

ちょっ…!!19世紀やん!!www

 

ちなみに、コンタクトレンズの原理を初めて考えたのはレオナルド・ダ・ヴィンチと言われているそうですよ。

 

虫眼鏡や顕微鏡、望遠鏡など、夏休みに使ってみたいレンズはたくさんありますね!

レンズについて自由研究してみるのも楽しそうです。

 

ではまた!

『恐竜爆誕!』タマゴ型手づくりバスボム

f:id:ma_naru:20210705024831p:plain

お風呂でしゅわしゅわ手づくりバスボムづくり

恐竜は鳥、鳥は恐竜。

こんにちは、なる子です。

 

今日は恐竜のタマゴ型バスボムを作ります!

文字通り、恐竜爆誕だよ!

 いえーい!レッツゴー!

用意するもの

【材料】

重曹100g

クエン酸50g

・塩 適量(スプーン2〜3杯くらい)

・食紅 適量(少々)

・エッグ型カプセル

・水で膨らむスポンジカプセル

・水

【道具】

・ボウルなどの入れ物

・はかり

・スプーン

・ラップ

・霧吹き

f:id:ma_naru:20210705011647j:plain

 

ほとんど100円ショップで買いました。

着色したい場合は食紅を使います。食紅も100円ショップに置いていた記憶がうっすらあったのですが、今回行ったショップにはなかったので、スーパーの製菓コーナーで買いました。1色130円。

スーパーには赤と青しかありませんでしたが、緑や黄色など結構いろんな色があります。製菓材料がたくさん置いてある専門ショップやネットなら多色展開できると思います。

 

 

 ちょっと気になっているのが海外の食紅。色彩感覚が日本の食紅とは違っていい味わいですよね。小麦粉粘土とか、クッキーのアイシングなど、一回使ってみたいですね〜。

 

エッグ型カプセルはイースター前の時期にたくさん売っています。

季節外れの時は、ネットが味方。

 

 

今回のポイントはカプセルに入ったスポンジを仕込むこと。

水で溶けるカプセルで、中に入ったスポンジはお風呂でそのまま遊べるのです。

恐竜以外のシリーズもありますよ。

f:id:ma_naru:20210705011803j:plain

 

 

作り方

1、材料を量って混ぜる

重曹クエン酸を混ぜます。2:1の割合。

f:id:ma_naru:20210705011822j:plain

 

2、塩を着色する

食紅は少量で十分。

入れすぎるとお風呂が気持ち悪い色になるので気をつけて。

f:id:ma_naru:20210705011712j:plain

塩がピンク色になるくらい。

f:id:ma_naru:20210705011738j:plain

 

3、塩を加えて混ぜる

重曹100g、クエン酸50g、塩大さじ2杯くらい入れました。

f:id:ma_naru:20210705011912j:plain

 

4、霧吹きで湿らせて混ぜる

一気に水を入れると、しゅわしゅわと溶けてしまうので、全体を湿らせるように霧吹きで水を加えます。そしてよく混ぜます。これを何度も繰り返します。

f:id:ma_naru:20210705011933j:plain

 

5、湿り具合チェック

指やスプーンでぎゅっと押して型がしっかり残るぐらい。

ぎゅっ

f:id:ma_naru:20210705011959j:plain

残った!

f:id:ma_naru:20210705012022j:plain

手に少し掴んで、ぎゅっと握りしめて形が残るぐらい、という確かめ方でもOK!

 

6、型に詰める

取り出しやすいようにラップを入れてから詰めました。この方法だとラップのシワが表面に少しついちゃうのだけど、取り出しやすいというメリット。

f:id:ma_naru:20210705012049j:plain

スポンジカプセルも入れました。

f:id:ma_naru:20210705012120j:plain

カプセルの上下に詰めたら合体!

f:id:ma_naru:20210705012148j:plain

ぎゅっとしてからそっと取り出して、さらにしっかり手で固めていきます。

 

f:id:ma_naru:20210705012215j:plain

 

7、そっと乾かす

崩れるのが心配な人はカプセルに入れたまま、一晩くらい寝かせて乾かすのがいいかもしれません。

私はカプセルから取り出した時に真ん中で割れそう、と思ったので、乾く前に取り出して、おにぎりのように手でぎゅっと仕上げ固めました。

f:id:ma_naru:20210705012239j:plain

乾いたら完成です。

 

お湯に入れてみよう

これは実験的に作ってみたマーブル模様のバスボム。

歪な形だし、青色入れすぎてきもい。

(いいの。実験用だから!)

f:id:ma_naru:20210705012300j:plain

 

投入!

f:id:ma_naru:20210705012328j:plain

しゅわしゅわしゅわ〜〜

 

すごい泡です。スポンジカプセルも浮いてきました。

f:id:ma_naru:20210705012356j:plain

カプセルのまま浮いてきちゃったので、お湯の中でもみもみして透明カプセルを溶かしました。

f:id:ma_naru:20210705012452j:plain

 

泡が少し消えてきた頃、、、あら!!

f:id:ma_naru:20210705012533j:plain

 

可愛い恐竜さんの誕生です!

(水の色、まじできもい。青注意。)

f:id:ma_naru:20210705012558j:plain

しゅわしゅわするだけでも楽しいのに、卵から恐竜が生まれるなんて楽しいの二乗ですよね!

 

バスボム作りは簡単で楽しいし、重曹クエン酸と水の化学反応を調べてみれば、夏休みの自由研究にもなりそうですよね。

f:id:ma_naru:20210705012623j:plain

 ぜひ、作ってしゅわしゅわさせて楽しんでくださいね!

天ぷら敷紙で夏のおしゃれうちわを手作り!

f:id:ma_naru:20210628165343p:plain

今日も暑いわ〜。

ぱたぱたぱた(うちわ)

 

本日は、楽しいうちわ作りです。

 

染めのうちわの作り方 

うちわの骨

実家にはあちこちでもらったプラスチックのうちわがたくさんありましたが、やっぱりこういう竹のうちわが一番いい風を作りますよね。近所の商店街で偶然もらうことができたので、こちらをリサイクル利用したいと思います。

f:id:ma_naru:20210628145111j:plain

 

手持ちのうちわがない場合や、綺麗に仕上げたい場合は市販の骨を買うといいと思います。

 

 

 作り方もわかりやすいセットならこういうの。

 

 

 

 

うちわの紙を剥がす

 水に浸します。

のりを浮かせてペロリと剥がす作戦。f:id:ma_naru:20210628145035j:plain

さあ、ぺろりとめくるぞ…!

あれ?

f:id:ma_naru:20210628145124j:plain

 

ボンドだ…さてはボンドで接着されているな?

f:id:ma_naru:20210628145140j:plain

むき〜!!!ガシガシガシ!

 

なんとか剥がしました。

少し残っちゃうのは仕方ないですねえ。ボンド…。プラスチックうちわは大方シールだろうし、リサイクルうちわは準備が大変ですが、ご家庭で安く工作するにはいいと思うし、子どもたちにとっては、隠れていた部分がどういう仕組みになっているか自分で発見できることに価値がありそうです。

f:id:ma_naru:20210628145159j:plain

軸の部分と骨の部分が一本であることがわかるだけでも感動ですよね。

竹ひごと糸で弓に絡ませるように裂いた竹が広げられて固定してあることも驚きです。

 

型紙を作る

あ、これは紙を剥がす前の方がいいかも。

うちわの紙部分の型紙を作っておきましょう。

f:id:ma_naru:20210628145024j:plain

 

カラフルなうちわ紙を作る

和紙もいいけど…万能の天ぷら紙!

うちわに使う紙について。半紙はやぶれやすく、和紙はどれを買えばいいのかわからなくなりませんか?障子紙はいい厚みなんですけど、うちわ1枚分には多すぎる。

 

そこで万能なのが、天ぷらの敷紙!!!

左がキャンドゥ、右がダイソーです。

f:id:ma_naru:20210628145043j:plain

ひとまわり小さいサイズも売っていますが、こちらの大判サイズじゃないとうちわ作りに足りないと思います。

 

35枚、50枚、、、ずいぶん枚数が違いますね。どちらでもいいと思いますが、キャンドゥの方が割高なだけあって、和紙の風味があります。

 

工作で染めちゃうなら気にならないかもしれませんが、蛍光染料を使用していないらしく、優しい色味です。

f:id:ma_naru:20210628145050j:plain

 

天ぷら紙は油を吸いやすいという特徴がありますが、水分も吸いやすく、厚みがあって丈夫なのです。安くてたくさん入っている優れものです。

しかも、余ったら揚げ物料理の時に使えばいいじゃん!

 

イデア1 マーブリング

保育園などでも人気のマーブリングです。100円ショップでも売っていることはありますが、バラ売りなので欲しい色がないことも。やっぱり定番のこちらでしょうか。 

 

 

バットに水を張って、専用の丸い紙にポトッと絵の具を落とすと水面に広がります。

f:id:ma_naru:20210628145142j:plain

息を吹きかけたり、割り箸で混ぜたりして模様を作ります。

f:id:ma_naru:20210628145158j:plain

 

水面に紙を載せてインクを吸い取り、模様を写せば出来上がり。乾くともう少し明るい色味に落ち着きます。

f:id:ma_naru:20210628145213j:plain

 

イデア2 折り染

 紙を折って、角を染めて広げると模様になる技法です。

 

基本の折り方は、縦に蛇腹に折って、 さらに小さな三角か四角になるよう蛇腹に折る方法。

f:id:ma_naru:20210628145038j:plain

f:id:ma_naru:20210628145053j:plain

 

しかし、折り方なんて決めなくていいと思っています。

 

特に子どもたちには、好きに折らせりゃいいじゃん!!

 

 

軽く水に浸してから染めていきます。マーブリング液が使えます。

f:id:ma_naru:20210628145104j:plain

もみもみしてよく滲ませます。

f:id:ma_naru:20210628145113j:plain

 

広げるとこんな感じ。しかしあまり上手く滲まなかった。

f:id:ma_naru:20210628145129j:plain

そして、この方法は子どもには力の加減が難しく、インクでぼとぼとになること間違いなし。

後片付けが大変です。

 

そこで、浅めのカップとかに少しだけ水で薄めたマーブリング液を色別に用意して、折った紙を直接入れて染み込ませる方法が簡単なんじゃないかな、と思います。仕切りのある大きめパレットでもいいですね。

 

水を加えて薄めておくことで、紙を湿らせなくても結構色が染み込みやすくなります。

 

簡単にはなるけれど、仕上がりも薄めの色になります。薄い色が好きな人はこの方法が一番いいですね!

f:id:ma_naru:20210628160839j:plain

 

 

マーブリング液の代わりに市販の染料を使うこともできます。

f:id:ma_naru:20210628145232j:plain

色が鮮やかですね!!こちらはタイダイ染をした時に、使いきれなかった染め液で遊んで作ったものです。「リアクト」という4色セットの染めキットを使いました。 

www.ma-naru.com

余った染め液を捨てるのはもったいないけど、冷めてしまうと布は染まりにくい、、、。紙の折染めに使うのは一石二鳥で、染めの待ち時間に折染めで遊べるし、時間も材料も無駄にしない。最高です! 

 

その他、折り染めは普通の水彩絵の具を薄めて作ることもできます。たくさん作っても、折り紙にしたり、封筒に仕立てたり、ちぎり絵にしたり、いろいろ使えますよ〜〜!

 

うちわ紙を貼り付ける

今回、裏側は白にします。どちらも柄にしてももちろん可愛いですけど、説明がわかりにくくなるので。。。

f:id:ma_naru:20210628145333j:plain

 

色紙の方は型紙に合わせて切っておきます。仕上がりの大きさよりひとまわり大きく切っておくと良いです。最後に切り揃えれば問題なし!

f:id:ma_naru:20210628145302j:plain

 

骨にのりをつけていきます。裏用の紙も一番下の弓形の部分だけはもう一枚と揃えて綺麗に切り揃えておきます。なつかしの、でんぷんのり!!

手が汚れるのが苦手な人は、筆やハケを使うと早いです。少し水を足すと伸びがいいですよ。

骨に塗るのが面倒だと思ったら紙の方に塗ってもいいです。ただし、破けやすくなるので気をつけて!

f:id:ma_naru:20210628145346j:plain

 

両面貼り合わせる時に、黄色の線のエリアはしっかり糊付けするようにすると良し。

f:id:ma_naru:20210628163053j:plain


骨のラインで切りそろえれば完成です!!

f:id:ma_naru:20210628145419j:plain

かわいく涼しげなうちわができました。

 

広告用のうちわではなく、自分のオリジナルっていうのがいいですよね?浴衣にも似合いそう!

 

ぜひ、作ってみてくださ〜い!

 

フェルト生地をハンドメイド工作!

f:id:ma_naru:20210608121347p:plain

最近流行りの羊毛フェルト。ニードルでちくちくするのが人気です。

 

が、しかし。

 

今日はちくちくしないフェルト作り、フェルト生地を作ります!

 

コースターや鍋敷にぴったりのフェルト作りですよ〜。

 

お湯と石鹸の成分でフェルトを作る仕組み。不思議ですね〜。夏休みの自由研究にもなるのではないでしょうか。気になったら詳しく調べてみてくださいね!

 

用意するもの

・好きな色の羊毛フェルト(2玉ぐらい)

・お湯(40度くらい)

・台所用洗剤

・ポリ袋(ポリ手袋でもOK)

・バット

・タオル

f:id:ma_naru:20210607185558j:plain

羊毛フェルトは100円ショップでも売っています。人気の色はすぐ売り切れてしまうようです。100円ショップのものは、ヒヨコやうさぎなどマスコット作りのキットみたいに売っていますが、中身はただの羊毛なので、好きな色を選んで買うといいです。

 

作り方

今回はコースターを作ります。

色はリバーシブルにしようと思います。この2色を選びました。

裏が濃い赤、表を濃いピンク。

 

市販の羊毛フェルトは長い毛がくるくる巻かれている状態になっているので、一度優しく伸ばしましょう。

f:id:ma_naru:20210607185649j:plain

 

大まかな手順:

①1層目、裏側にする色を縦に並べる。

②2層目、裏側にする色を横に重ねる。

③3層目、表側にする色を縦に重ねる。

④4層目、表側にする色を横に重ねると同時に模様を作る。

この合間合間でお湯洗剤をかけて、ポリ袋でシャカシャカ擦ってフェル化させていきます。

仕上げのシャカシャカはしっかりとね!

 

 

①1層目

作りたい大きさの長さに切るか千切るかして、バットに並べていきます。

毛並みが同方向に流れるように。

f:id:ma_naru:20210607185713j:plain

固まっているところは広げながら並べると簡単

f:id:ma_naru:20210607185736j:plain

 

洗剤を入れたお湯をかけます。

ボトル一本のお湯に洗剤を少々。

f:id:ma_naru:20210607190106j:plain

お湯洗剤かけて、染み込ませます。

f:id:ma_naru:20210607190130j:plain

馴染ませます。お湯とシャカシャカこすって絡ませることでフェルト化してく仕組みです。

f:id:ma_naru:20210607190202j:plain

 

②2層目

次に垂直方向に同量の羊毛を広げて並べます。

f:id:ma_naru:20210607190232j:plain

洗剤入りのお湯をかけて…

f:id:ma_naru:20210607190328j:plain

シャカシャカ。

撫でて馴染ませて、絡ませて行きます。

f:id:ma_naru:20210607190417j:plain

 

③3層目

縦、横、と来たので、表にしたい色に変えて、縦に並べます。

f:id:ma_naru:20210607190528j:plain

お湯洗剤をかけてシャカシャカ

f:id:ma_naru:20210607190602j:plain

 

④最後のレイヤーです。

こちらを表にしようと思うので、模様も一緒に入れます。

グラデーションにしてみました。

f:id:ma_naru:20210607190632j:plain

さらに水玉模様を入れることにしました。

f:id:ma_naru:20210607190658j:plain

お湯洗剤をかけて、細かい模様のところからシャカシャカこすってフェルト化させていきます。模様を先に絡ませることで、バラバラになることを防ぎます。

f:id:ma_naru:20210607190736j:plain

模様が絡まったら全体を撫でるようにシャカシャカしていきます。

 

表がある程度フェルトしてきたら、裏返してこちらもシャカシャカしていきます。

f:id:ma_naru:20210607193818j:plain

 

シャカシャカ、シャカシャカ…

 

ものすごく泡泡になってしまいました。

どうやら洗剤の入れすぎです。

でも、きっとお子様は喜ぶに違いない…。

f:id:ma_naru:20210607193934j:plain

 

洗剤を軽くお湯でフェルトを洗い流し、タオルで水気を切ります。

f:id:ma_naru:20210607194030j:plain

 

こすっているうちに模様は歪んでしまいましたが、味はある!(言い聞かせ)

f:id:ma_naru:20210607194053j:plain

 

このままでも素敵ですが、ハサミで簡単に切れるので、丸くしたり、四角に切ったり、ハート型にしたりと自由な形にすることができます。

f:id:ma_naru:20210607194154j:plain

 

今回はシンプルにこんな感じで。

f:id:ma_naru:20210607194245j:plain

 

乾かしたら完成です。まだ少しふんわりしているので、アイロンをかけると真っ直ぐになりますよ。

f:id:ma_naru:20210607194321j:plain

水玉模様など、小さな飾りは外れやすいので、外れたり外れそうだなと思ったら、フェルト用のニードルで固定すると良いと友人が言っておりました。

 

 

ほっこりティータイム。

作ったものが使えるっていいですよね。

夏は冷たい麦茶のグラスの下に敷けば、水分を吸い取ってくれますね!

f:id:ma_naru:20210607194357j:plain

 

 

おまけ

コースター作りで切り落とした端っこを丸めて、鳥にしてみました。

チクチク用のニードルを持っていないこともあり、なかなかうまくいきません。

ピンセットでツンツンしてみました。

f:id:ma_naru:20210607194436j:plain

(ピントは合っているはずなのに、もわんとしている。)

 

全然形になってないし、首が取れそうだし、ブサイクです。笑。

f:id:ma_naru:20210607194458j:plain

これは…ちょっと作り方を一からしっかり調べないと無理ですね。

簡単にできちゃうというのは嘘に違いない。

 

こんな私でもコースター作りは適当でも完成したので、おすすめです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!