なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て支援(独身子なしですけど)ブログ

待機児童対応するよ、と言い放ち、民間に丸投げする極悪

来年度に向けてとても頑張ってくれている後輩ちゃんが、泣きそうな声で相談してきました。4月のシフトを作成中なのだけど、どうしても人が足りないらしい。

 

行政側の職員さんと一緒に仕事をするタイプの施設。「あと二人、この時間に出せるよね。」と当然のごとく要求してくるらしい。

民間委託とは名ばかりで、民間業者はクライアント様(行政)に頭を下げながら仕事をしているのです。(なぜだ)

いつも市民様に頭を下げ続けているせいか、民間委託業者に対してちょっと横柄なところがある人がたまにいるんですよね。

 

あ〜、やだやだ。根本的な問題は何だろう。

そんなことを考えたりしていたら、更新2日も休んでいた。

 

待機児童対策を例に無理難題を押し付ける行政に対して

放課後児童クラブも、全国的に待機児童が目立ってきました。

 

伴って待機児童対策とやらが始まったりするのですが、この行政の知恵が極悪なんじゃないかと思うのです。

 

もちろん待機児童対策がなければ、困ってしまう家庭がたくさんあるので、放課後の居場所作りというのは必要だとは思っています。保護者や子どもたちには「大丈夫だよ!君たちならきっと乗り越えられるよ!」と励ましの気持ちでいっぱいです。

 

www.ma-naru.com

 

しかし、今回はその裏で、現場の大人に何が起こっているかを現場にいるうちに吐露したいのです。

保育料等が無償化していく現代において、タダの代償はどこにあるかということを考えたいのです。

 

耳障りのいいことには裏があるのです。

 

小学生の待機児童対策って?

例えばこんなケースがあります。

 

放課後児童クラブの定員越えにより、待機児童となった児童はランドセルを持ったまま放課後児童クラブが併設されている児童館に行きます。行政は、「待機児童対策は学童ではなくて児童館が行いますよ。運営委託会社が増員して待機児童対策専門の職員がいるので安心です。」と言うのです。

 

マジで極悪。

 

何かを「改善」する時に、人を増やせばなんとかなりそうな施策はどこかの誰かにしわ寄せがあります。そう簡単に人は増やせないからです。

 

このケースでは、新たに待機児童対策を始める時、真っ先に運営委託会社に負担がかかります。行政は「待機児童対策はじめました。」と言い放っただけです。

 

児童館も放課後児童クラブもセットで民間委託している行政は多く、ぎりぎりの運営委託費で業者が回しています。

 

なのに行政が勝手に「増員します」と公に言っちゃう。そして、運営事業者に「増員してね。最低限の人件費は上乗せするから。」となるのです。

最低限の人件費とは自治体が定める最低時給に近いと考えられます。

アルバイトで、最低時給で働くって、世の中の為になる仕事だとしても、したいと思う人ってなかなかいないと思います。

 

どこの業界もだいたいそうですが、とんでもなく人材不足です。

放課後児童クラブの仕事は多くの非常勤(アルバイト)で成り立っていますが、新たな事業に「アルバイトで対応してください。」ということなのです。

 

アルバイトに大事なお子さんの帰宅管理と荷物管理をさせるのです。

 

しかも、放課後児童クラブ運営事業者が人材を出すわけですから、待機児童対策と言いつつ、実質は放課後児童クラブ運営とミックスになりがちです。

 

じゃあ、放課後児童クラブの定員を増やしたらいいんじゃないの?という方策はもうすでに何段階にも分けて行われており、流石に子どもひとりあたりの面積的に無理がある詰め込み状態なのです。

 

そんな中での、行政の「運営事業者さん、増員お願いしますね❤︎」は極悪だと思ったのです。うまいこと民間に押し付けたな、と。

 

保育料はどんどんやすくなる。(行政が勝手にする。)

場所、人が足りない。(場所の提供は行政・人材探しは民間)

特に人。こんな安い時給月給でストレスのある仕事をしたい人はなかなかいない。

(運営事業費は行政から運営事業者へ渡されています。もちろん公金ということです。)

 

www.ma-naru.com

 

子育て支援員を増やそう

ついに東京都がこんなこと始めました。

 

子育て支援員にテンシン!|東京都

 

メインイメージに藤岡弘さんを起用。

知事も登場。

 

なかなか人が集まらない中、一応は頑張ろうとする行政。

子育て支援員講習をしているので、一般からも受講者を募集しているようです。

これは私も受講しましたが、完全座学です。結構大変ですが、為になります。

東京都でしか通用しませんが、受講すれば資格とみなしてくれるところもあるようです。

 

これはもうすでに働き始めている人はいずれは絶対に受講しなければいけないのですが、雇い主によっては交通費も自己負担なので、アルバイトの方は躊躇するかもしれません。受講料は無料ですけどね。

 

運営事業者によっては受講している時間も勤務時間として時給発生するところもあるので、どうせならそっちの方がいいですね。

 

子育て系の仕事の時給が安いのは、人によってスキルの差が激しいこともあるかもしれません。質の向上を目指すという点ではある程度効果があるかもしれません。

 

しかし、このウェブサイトがどれだけの人の目にとまるのか。

人材確保にも速効性はないでしょう。

やる気のある人が増えてくれたらいいなあ、と思います。

 

 

言いっ放しの行政にイライラ

「どうして人が足りてないの?」

「どうして男性職員がひとりもいないの?」

「どうして優秀な人が集まらないの?」

 

勝手なことを言う行政にイライラするし、「給料が低いからじゃない?」と一言申し上げたいし、そうしてしまったのは「景気が悪い!税金を無駄遣いするな!」と叫んだ国民だし、その対応として弱いところからテコ入れする国や行政ね。

 

私は一度、退職しますが、もっと子どもたちを取り巻く環境を良くしたいし、子どもたちの為に働く人たちが報われたらいいな、と思っています。思い続けます。願っています。ずっと応援しています。