なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆が独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

待機児童対応するよ、と言い放ち、民間に丸投げする極悪

来年度に向けてとても頑張ってくれている後輩ちゃんが、泣きそうな声で相談してきました。4月のシフトを作成中なのだけど、どうしても人が足りないらしい。

 

行政側の職員さんと一緒に仕事をするタイプの施設。「あと二人、この時間に出せるよね。」と当然のごとく要求してくるらしい。

民間委託とは名ばかりで、民間業者はクライアント様(行政)に頭を下げながら仕事をしているのです。(なぜだ)

いつも市民様に頭を下げ続けているせいか、民間委託業者に対してちょっと横柄なところがある人がたまにいるんですよね。

 

あ〜、やだやだ。根本的な問題は何だろう。

そんなことを考えたりしていたら、更新2日も休んでいた。

 

待機児童対策を例に無理難題を押し付ける行政に対して

放課後児童クラブも、全国的に待機児童が目立ってきました。

 

伴って待機児童対策とやらが始まったりするのですが、この行政の知恵が極悪なんじゃないかと思うのです。

 

もちろん待機児童対策がなければ、困ってしまう家庭がたくさんあるので、放課後の居場所作りというのは必要だとは思っています。保護者や子どもたちには「大丈夫だよ!君たちならきっと乗り越えられるよ!」と励ましの気持ちでいっぱいです。

 

www.ma-naru.com

 

しかし、今回はその裏で、現場の大人に何が起こっているかを現場にいるうちに吐露したいのです。

保育料等が無償化していく現代において、タダの代償はどこにあるかということを考えたいのです。

 

耳障りのいいことには裏があるのです。

 

小学生の待機児童対策って?

例えばこんなケースがあります。

 

放課後児童クラブの定員越えにより、待機児童となった児童はランドセルを持ったまま放課後児童クラブが併設されている児童館に行きます。行政は、「待機児童対策は学童ではなくて児童館が行いますよ。運営委託会社が増員して待機児童対策専門の職員がいるので安心です。」と言うのです。

 

マジで極悪。

 

何かを「改善」する時に、人を増やせばなんとかなりそうな施策はどこかの誰かにしわ寄せがあります。そう簡単に人は増やせないからです。

 

このケースでは、新たに待機児童対策を始める時、真っ先に運営委託会社に負担がかかります。行政は「待機児童対策はじめました。」と言い放っただけです。

 

児童館も放課後児童クラブもセットで民間委託している行政は多く、ぎりぎりの運営委託費で業者が回しています。

 

なのに行政が勝手に「増員します」と公に言っちゃう。そして、運営事業者に「増員してね。最低限の人件費は上乗せするから。」となるのです。

最低限の人件費とは自治体が定める最低時給に近いと考えられます。

アルバイトで、最低時給で働くって、世の中の為になる仕事だとしても、したいと思う人ってなかなかいないと思います。

 

どこの業界もだいたいそうですが、とんでもなく人材不足です。

放課後児童クラブの仕事は多くの非常勤(アルバイト)で成り立っていますが、新たな事業に「アルバイトで対応してください。」ということなのです。

 

アルバイトに大事なお子さんの帰宅管理と荷物管理をさせるのです。

 

しかも、放課後児童クラブ運営事業者が人材を出すわけですから、待機児童対策と言いつつ、実質は放課後児童クラブ運営とミックスになりがちです。

 

じゃあ、放課後児童クラブの定員を増やしたらいいんじゃないの?という方策はもうすでに何段階にも分けて行われており、流石に子どもひとりあたりの面積的に無理がある詰め込み状態なのです。

 

そんな中での、行政の「運営事業者さん、増員お願いしますね❤︎」は極悪だと思ったのです。うまいこと民間に押し付けたな、と。

 

保育料はどんどんやすくなる。(行政が勝手にする。)

場所、人が足りない。(場所の提供は行政・人材探しは民間)

特に人。こんな安い時給月給でストレスのある仕事をしたい人はなかなかいない。

(運営事業費は行政から運営事業者へ渡されています。もちろん公金ということです。)

 

www.ma-naru.com

 

子育て支援員を増やそう

ついに東京都がこんなこと始めました。

 

子育て支援員にテンシン!|東京都

 

メインイメージに藤岡弘さんを起用。

知事も登場。

 

なかなか人が集まらない中、一応は頑張ろうとする行政。

子育て支援員講習をしているので、一般からも受講者を募集しているようです。

これは私も受講しましたが、完全座学です。結構大変ですが、為になります。

東京都でしか通用しませんが、受講すれば資格とみなしてくれるところもあるようです。

 

これはもうすでに働き始めている人はいずれは絶対に受講しなければいけないのですが、雇い主によっては交通費も自己負担なので、アルバイトの方は躊躇するかもしれません。受講料は無料ですけどね。

 

運営事業者によっては受講している時間も勤務時間として時給発生するところもあるので、どうせならそっちの方がいいですね。

 

子育て系の仕事の時給が安いのは、人によってスキルの差が激しいこともあるかもしれません。質の向上を目指すという点ではある程度効果があるかもしれません。

 

しかし、このウェブサイトがどれだけの人の目にとまるのか。

人材確保にも速効性はないでしょう。

やる気のある人が増えてくれたらいいなあ、と思います。

 

 

言いっ放しの行政にイライラ

「どうして人が足りてないの?」

「どうして男性職員がひとりもいないの?」

「どうして優秀な人が集まらないの?」

 

勝手なことを言う行政にイライラするし、「給料が低いからじゃない?」と一言申し上げたいし、そうしてしまったのは「景気が悪い!税金を無駄遣いするな!」と叫んだ国民だし、その対応として弱いところからテコ入れする国や行政ね。

 

私は一度、退職しますが、もっと子どもたちを取り巻く環境を良くしたいし、子どもたちの為に働く人たちが報われたらいいな、と思っています。思い続けます。願っています。ずっと応援しています。

 

別れの季節。先生と児童の別れをどうする。

先生と児童の別れは突然やってくる。

 

なぜなら、教育関係など年度区切りで人事異動がある仕事は、本当にギリギリまで人事がわからないからです。

 

オフィシャルには4月1日付け。

新年度になるまで保護者や児童には知らされないことが多いのです。

 

絶対そうとも限らないので、放課後児童クラブでは、そろそろ異動や退職の職員のことを知らせたりしている頃かと思います。

 

うちも…そろそろかな〜。

 

事前に知らせると、保護者の方が餞別の品をくれたり、児童がお手紙などをたくさん書いてくれたり、離れる職員の為に涙涙のセレモニーをしてくれたりすることもあります。

 

でも、なるべく大げさにしない方がいいと思っています。

 

お手紙やプレゼントをいただくことはとても嬉しいのだけれど、残る人たちやこれから入ってくる人たちの為にも、去っていく人より残っていく人たちの姿を重要視するべきなのです。

 

涙涙の別れをしてしまうと、残された児童がこんなことを言ったりします。

「新しい先生、つまんない。前の方がよかった!〇〇先生に来て欲しい!」

 

これを言われると、職員は傷つきます。人間だもの。

それに、実際にはそんなに大差ないのです。

 

子どもたちの方も、新しい先生がつまらないのか、自分が成長したことによってこれまで楽しかったこともつまらなく感じているのか、正確な判断ができていないかもしれません。辛いことや不満が生じた時に、原因を探り、「大好きな先生との別れ」を思い出すことはあまり良いこととは思いません。

 

 

去った職員もいつまでも顔を出したりするのはよしましょう。

声をかけてもらったり、子どもたちが集まってくるとうれしいかもしれないけれど。

もうそこにあなたの居場所はないのだから。

 

過去にひきづられるような別れかたは不要です。

潔く去っていくのです!

 

なんでもないことのように別れる。

それも愛なのです。

 

…と。

こんなこと書いて。

ええ、頭ではわかっているのです。

 

でも、涙なしにお別れできる自信はこれっぽっちもないのですよ。

 

 

退職前の有休消化、どうする?

なる子の退職日が迫ってきました。

 

少し、寂しい気持ちもあります。

 

退職と言えば、話題に上がるのが「有休消化」です。

 

これまで貯めてきた年次有給休暇を退職前にまとめて取ろうというのは日本社会によくある現象かと思います。買い取ってくれる、なんて話もありますよね。

 

定年退職を前に2ヶ月丸々休むとか、そんな話を聞くたびに「仕事が好きすぎたのか」「休みにくい職場だった」のか…と推測することもありますが、そもそもそんなに有給休暇がたまる仕組みになっていることがホワイト企業!と思ってしまいます。

放っておくと、有給休暇が消滅する仕組みの会社って、ありますよね?

 

さて、私も有給休暇をしっかり消化して退職しようと考えています。

 

有給休暇については苦い思い出があります。

以前勤めていた会社でのことです。

www.ma-naru.com

 

契約社員でしたが、「有給休暇?ないよ、そんなもの。」という雰囲気の会社でした。

総務の方と話をすると「労働基準法に準ずる」とだけ言われたので、必要な時には有給休暇を無理やり取っていました。契約が切れる前に「有給が残っているから最後の1週間は休みたいのですが。」と伝えると、「え?うちの会社辞める時に有給休暇の消化をするような人いないんだけど。」という答え。

 

有休は権利ではないのか。Google先生の言ってる答えといつも違う答えが返ってくるこの会社。本当にもう…

 

1日も早く辞めたい気持ちだったので、残った有給休暇の約半分で手を打って、なんとか離れることができたのでした。

その後も1ヶ月くらい仕事の内容で電話をかけてくるので、1ヶ月経ったところで着信があっても出ないことにしました。

 

そんな経験から、現職の会社では少しずつ有給休暇を使い続けてきました。

これでしっかり消化して退職できそう。

 

そう計画していたところ、上司から「なる子さん、退職日どうする?」と電話。

 

「え?末日で書類出しましたけど。」

 

「あ〜、そうか〜、もう出したのね。有給休暇、残らない?大丈夫?」

 

…!!

 

なんと、有給休暇の残り具合で退職日を調整してくれようとしていた。

給料低いことを除けば、ウルトラホワイトかよ。

 

普通のことかもしれませんが、配慮していただいたのはありがたかったのです。

 

なる子は、自分が現場リーダーだったので率先して有給休暇をこまめに取り続け、他の職員にも「有給休暇取らない?」と呼びかけ続けていました。

 

年度末って激務なんですよ。

小学校の春休み中は早朝から仕事だし、新入生も4月1日から来るのでその準備もあるのです。

あまりたくさん休むと残る職員に負担がかかるので、なるべく早めに取ってしまって、無事に退職までに有給休暇を全消化する段取りをつけました。

 

 あと少し。最後まで頑張ろう!

 

人生長くなりそうなので、仕事やめます。

人生100年時代をどう生きるか

父方の祖母は97歳で他界しました。10年くらい前のことです。

もし、生きていれば107歳なのですね。

 

その祖母の弟が生きている。という衝撃の事実が先日耳に入ってきました。

 

お婿に行った方なので、我が家とは疎遠で私は会ったことがなかったようなのですが…それにしても。

 

おばあちゃんに、生きている弟がいるのは初耳なんですけど。

 

なぜなら若くして他界したおばあちゃんの弟について、こんな記事まで書いているのに。お姉さんもいたよね、確か。結局、何人兄弟だったの? 

www.ma-naru.com

 

10年前に97歳で亡くなった祖母の弟ですから、とんでもない高齢です。

今年の2月で100歳になっていました。

 

しかも、ローカルテレビ番組で、元気なおじいちゃんとして登場していたりして、録画を見せてもらうと…

自転車を乗り回し、デジカメで写真を撮るのが趣味という元気な姿がありました。

ハツラツとしていて、ユーモアもあり楽しそうなおじいちゃん。

「こんな元気な99歳初めて見た。」と言われると、「他にもおるやろ。日本は広いんやから。」と返すおじいちゃん。

 

人生100年時代と言われるけれど、こんなに勇気付けられることはない。

 

そう、私も、人生100年と考えれば…

 

まだ折り返し地点にも立ってないんか〜い!!

 

長生き家系は父方だけかもと振り返ると、母方の祖父母は健在。

こちらのおじいちゃんも90歳超えてる。ぼけぼけだけど。

 

長い。人生長い。

 

長くとも、一度きりの人生なのです。

これから何度だって失敗できるし、何度だって再挑戦していいのです。

 

何にだってなれる気がする。「ミスいちご娘」にだってなれる気がする。

 

 

そう、仕事を辞める決意をしました。

 

f:id:ma_naru:20190304015821j:plain

私にできること

「自分にしかできないことは何か、周りが喜んでくれることは何か、考えてみたら?」

 

今の仕事を辞めようか悩んでいた頃、かけられた言葉です。

 

私は子育て支援の現場にいて、日々子どもたちの成長を見守る仕事をしています。

もちろん、子どもたちにも、保護者の方々にも感謝されていると感じるし、一緒に働く仲間からもありがたいことに頼られていると思っています。誰かに感謝される仕事であることは、社会人として幸せなことです。

でも、ずっと、悩みながら5年間、フルタイムで仕事をしてきました。これでいいのかなって。確かに感謝はされているけれど、私じゃなくてもいいよね。

 

 

「もう一度、なる子の作品を見たい」

誰かが言ってくれた、その言葉を信じたい。

 

アーティストの道はイバラの道なのです。

実家が裕福でもなく、生活を助けてくれるパトロンも配偶者もいない私が、貧乏なアーティスト生活を乗り切れるわけもなく、大好きなご飯をしっかり食べるために、一度は就職する道を選んだのです。週末に制作すればいいさ、と。

するとびっくり、正規雇用されてすぐ施設長のポジションになっていました。チームをまとめ、常に前にでなければいけない仕事は思いのほか疲労とストレスが強く、ぐったり休日を過ごすことが増えてしまいました。しかも、副業禁止ですって。アートの世界が遠のいていく。

 

子育て系の仕事は給料が低いのです。とはいえ、給与カースト底辺の仕事でも、はっきり言って自分のアートより稼げた。毎月お給料が入る安心感!

 

それでも、私はその仕事を辞める決意を固めています。

10年後の自分を想像した時に、もっとワクワクしたいから。

 

正直、ド貧乏は怖いけど、もう一度、人生にときめきを感じたい!!

 

 

どうやら、私は少し諦めが悪いようなのです。

 

 

 

神様、もう一度チャンスをください。

私、頑張るから。

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA