なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

100円で出来る実験シリーズ①「化学のヒカリ水」

 子どもの頃は「学研の科学」を隔年で購読させてもらっていた、なる子です。

毎年継続して購読したい!とお願いしたら、「高いのよ!」と言われてしまいました。

 

それが、ですよ。

今や、100円で楽しい実験キットが手に入る時代ですよ。

ma-naru.hatenablog.com

 

実験レポート①化学のヒカリ水

キャンドゥで購入した実験キット

入っていたのはコレ。

f:id:ma_naru:20180812200610j:plain

この薬品は紫外線に弱いらしく、アルミパウチに入っています。

開けるとコレ。

f:id:ma_naru:20180812200803j:plain

 

2種類の液体を混ぜると光る化学反応を楽しもう!と言うキットです。

 

わかりやすくするため、液体をスポイド付きの瓶に入れてみました。

f:id:ma_naru:20180812200824j:plain

右が液体A:蛍光液、左が液体B:酸化液

 

説明書によると、ピンクのやつは染料が入っているので、服とかに着くと色が落ちにくい。

酸化液もスチロールとかプラコップを溶かしてしまうので、気をつけて!と書いてあります。

 

「ゴム手袋や、ポリ袋を使って、手につかないようにしましょう…」

 

なんか怖いんですけど…!!

 

説明書にある通り、机にアルミホイルを敷いて、実験開始!

ペットボトルの蓋で少量で実験してみることにしました。(溶けませんように。)

f:id:ma_naru:20180812200841j:plain

液体が混ざり始めたところから、色が変わってきました。少し、紫がかったような色です。

 

この実験は夜にするのがいいですね。

電気を消してみました。

f:id:ma_naru:20180812200859j:plain

光ってる〜〜!!

 

まさに、お祭りの屋台で売っている光るブレスレットの色ですね。

一晩しか光らないライト。欲しくて堪らなかったなあ。

 

対象年齢は10歳以上と記載されていますが、大人の人がそばにいた方がいいと思います。

 

残った液体どうしようかなー。

とりあえず、冷蔵庫で保管。