なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

2018年お出かけ、子どものためのワークショップ(東京)、カルチャー・クリエイティブ系

夏休みになると、各地で子どもたちに楽しんでもらおうと、映画館も美術館も子ども向けのものが増えますね!

 

ぜひ、お出かけしたい!!

 

f:id:ma_naru:20180728210953j:plain

 

《今年も定番お出かけスポット、「お台場」でクリエイティブ体感系》

 

行くなら涼しいところがいい、と美術館・博物館系は人気。

 

話題の「デザイン展」など、大人も行きたい展覧会が盛りだくさん。

www.design-ah-exhibition.jp

会期:2018年7月19日(木)〜10月18日(木)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン(東京・お台場)
住所:東京都江東区青海2-3-6
休館日:9月4日(火)・11日(火)・18日(火)・25日(火)、10月2日(火)・9日(火)・16日(火)
開館時間:10:00~17:00 (入場は閉館時間の30分前まで) ※ただし、土曜、祝前日(9/16、9/23、10/7)、8/10~18は20:00まで開館、常設展は17:00に終了。
観覧料:大人(19歳以上) 1600円(1400円)、中人(小学生~18 歳以下) 1000円(800円)、小人 (3歳~小学生未満) 500円(400円)
※( )内は8名以上の団体料金。
※常設展も観覧可能。
※ドームシアターは別料金(要予約)。
※2歳以下は無料、障害者手帳持参者および付き添い1名まで無料。 

 

でも、この展示、前回、六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで開催していた時、平日夕方に行ったにも関わらず、2時間待ちだった記憶が。

日差しの中、2時間は厳しい。

中に入っても体験型の展示はひたすら忍耐。待つ。

 

21_21DESIGN SIGHTでは、今回も面白そうな展示をやっているので、私は行きますけどね!ひとりだから、何時間でも待てるし!

www.tokyo-midtown.com

 

それでも、お台場は定番スポット、何時間待ってもいいという強靭な体力のファミリーにはこちらもオススメ。

www.team-lab.com

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン

営業時間:11:00~19:00
土・日・祝日 10:00から営業
金・土・祝前日 21:00まで営業
※最終入館は閉館の1時間前
料金: 一般/高・大学生 3,200円、子ども(4歳~中学生)1,000円

 

以前、日本科学未来館で開催されていたチームラボの展示をしていて行ったことがある人も多いのでは。そのチームラボ森美術館でお馴染みの森ビルと共同運営する新しいミュージアムでオープンしました。

 

私の母も「行きたい」と言うぐらいなので、この夏、超人気スポットになること間違いなしです。

 

きっと、混むぞ〜!!!!

 

《予約制なら、待ち時間なし!ストレス減!CANVASのワークショップ》

そこで、オススメなのが、人数制限、申し込み制のイベントやワークショップです!

待ち時間なし、人数制限のあるワークショップなら混みすぎることもなく、ストレスも少ないですよね。 

 

夏休み、各地で様々なイベントやワークショップなどが開催されます。

 

いろいろありすぎて悩んでしまいますね。

 

アート・デザイン・クリエイティブ系にオススメなのが

 NPO法人CANVASのワークショップです。 

canvas.ws

東京大学本郷キャンパス)や、リクルートのギャラリー・クリエーションギャラリーG8(最寄り:新橋、銀座口)などの会場で、なかなかニッチなテーマでワークショップを企画しているようです。

 

ありきたりな工作・アートイベントで満足できないキッズにオススメです。

 

G8のワークショップは9月1日に展覧会もあるので、達成感・自己肯定感アップ間違いなし。

 

CANVASのサイトは夏休みが終わっても要チェックですね!

 

 

《夏休みこども映画館》

ごめんなさい!こちらはもう申し込みが終わってしまったようです。(8月3日、4日はキャンセル待ちあり。)

もっと早く案内しておけばよかった。

興味のある方は、来年まで覚えておいてください。

 

国立映画アーカイブ、こども映画館

 

内容のマニアックさに、映画好きの大人が唸ります。

活弁・演奏付きで映画が観られるファンタジーやアニメーションあり。

宇宙大戦争』(1959年)を大きなスクリーンで観られるなんて、すごすぎる。

 

大人だけでは申し込めないので、こどもが渋ろうと、こどもを連れて行きたい。(笑)

 

ぜひ、来年…!!

 

《もっといろいろ調べたい人のためのサイト》

イベントを探すのも、どこにいても検索できるようになりました。

便利なサイトのご紹介です。

iko-yo.net

 

旅行には行けなくても、何か特別なことがしたい!というご家庭にも、日帰りできるワークショップはオススメです。

 

ぜひ、親子で楽しんでくださいね!