なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

お年玉付き年賀ハガキが当たらない

お年玉つき年賀状って100本に2本(2018年)は切手シートが当たるので、「切手ぐらいしか当たったことない。」っていうのがあるあるですよね。

 

実は、なる子は、全然当たりません。

切手シートでさえです。

以前は切手シートの当選番号(下2桁)は3つあって、もっと確率が高かったのに、です。

 

かろうじて、家族が当たったのは見ているので、どんなものかは知っています。 

実家は父宛に300枚くらい届いていたのです。そりゃ、切手シートぐらいは当たることもあります。

当たることもある…というのは、家族全員のハガキ(約350枚)を併せても、一枚も当たらなかった年があるのです。

 

それぐらいくじ運とは縁遠い家系です。

 

100本に3本。この確率が当てはまらないなんて一体どうなってるの。

 

全ては統計だ、割合だ、と言っている数学好きのあなた。

世の中は不平等で理不尽なんです。だから人生色々なんですよ!

 

きっと差し出した先で、何か高級なものが当たっているはずです。

福を与える福家族なのです。

ぐううう…。

 

2019年のお年玉賞品をチェック!!

巷で話題にはなっていますが、今年のお年玉賞品は気合いが入りまくっています。

 

まず、末等の切手シートが100本に3本に戻りました!パチパチ!!

 

今回、目玉となっているのが、

東京オリンピックペア招待券」

(1000万本に1本)

 

そして、

「現金30万円」

(100万本に1本、去年は10万円でした!)

 

なる子の今年の年賀状…一時期年賀状を書くことを全く辞めていたこともあり、今年も届いた枚数は大変少ないものでした。その中でお年玉付き年賀はがきは10枚。

 

ちょっと待って、毎年10枚くらいずつ届いていて、毎年楽しみに抽選結果見てるのに、当たってないってやっぱりおかしい。この5年だけでも50枚は届いているのだから、1枚くらい当たっても良さそうなもんじゃない?

 

そうです。

これは、そろそろ当選の予感です!!

 

f:id:ma_naru:20190109230520j:plain

 

年賀状ってさ。

私の知っている1年生の女の子が、年末にこんなことを言っておりました。

 

「今日、学校で、お父さんとお母さんに年賀状書いたの。1月1日に届くんだよ。楽しみだな〜。内緒なの。あ〜でも、言っちゃいそう!うふふ!」

 

そう、年賀状ってさ。

そうなんだよね。

いち早く、新年おめでとう!って伝えたら、笑顔も一緒に届くんだよね。

もらうと嬉しいんだよね。

 

そういうもんだよね。

 

あの子の笑顔、ママパパに届いたかな〜!?

 

次の年賀状は、大晦日にヒーヒー言いながら書くのではなく、早めに、心を込めて書こう!

 

そう誓うのでした。(毎年同じようなこと思っているけど。)

 

2019年の抽選は1月20日

楽しみだな〜!