なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

Ludo クラシックボードゲーム 不思議の国のアリス版

LUDO(ルード)終わりの見えないすごろく

今回紹介するゲームは、LUDO (ルード)というイギリスのボードゲームです。

元はインドのパチーシというすごろくがルーツですが、世界で親しまれているゲームです。

日本では馴染みがないですね。忍耐力がいる、という噂もあるのですが、この、「不思議の国のアリス、マッド・ティーパーティー(おかしなお茶会)バージョンなら、可愛くてテンションあがって、楽しくないわけないと思うのです。

が、しかし、なかなかのマッドなルール…。

 

f:id:ma_naru:20190202000614j:plain

 

いざ、ルール説明へ!

うーむ。英文字だけでルールを読み解くのって難しい。

Youtubeなどのチカラも借りながら、ようやく理解しました。

Yes! Let’s have a party!

 

f:id:ma_naru:20190202001651j:plain

 

プレイ人数

2〜4人

対象年齢は小学生以上。

f:id:ma_naru:20190203125424j:plain

目標

ひとり、4つ駒を持ちます。

すごろくの要領で、4つの駒を進めます。

ティーポットのある中心がゴールです。

4つのコマ全部を先にゴールさせた人が勝ちです。

 

最初にゴールしてお茶をゲットだ!

 

ルート

青のアリスを中心に見てみましょう。

青のサークルの中に4つのティーカップの駒が置いてあります。

通る道は下の写真の通り。時計回りにぐるっと一周まわります。最後の一本道だけは専用ルートですが、他のマスは他の色のコマも通ります。

f:id:ma_naru:20190203125505j:plain

 

スタートの方法

プレイヤーそれぞれがサイコロを投げ、一番数が大きい人からスタートです。

サイコロを投げて、「6」が出れば、最初のひとマスに進み、もう一度投げて出た数を進みます。

f:id:ma_naru:20190203125644j:plain

「6」が出たらまずひとマス目に駒を出し、続けてサイコロを振ります。

↓「3」が出たので3つ進む。次の人の番です。

f:id:ma_naru:20190204172512j:plain

スタート時点で、「6」以外の数字の場合は、駒を動かせません。

最初の円の中で次の自分の番を待ちます。

 

ひとマス目に出れば、あとはサイコロの目の数だけ駒を進めることができます。

 

駒は4つのうちどれを使っても良いです。「6」が出れば、待機している駒をどんどん出していって良いのです。

 

「6」が出なければ永遠に待機です。何もできません。

小さい子には、「1」でもOK。という優しいルールを公式に認めているようです。

 

4つの駒でマッドな戦い

サイコロの目の運だけでなく、相手を陥れる妨害ルールがあります。

 

①同じ色の駒が2つ止まっているマスは壁となり、越えることができない。

駒が一つしかないマスでは、他のプレイヤーの駒でも追い抜いて進むことができますが、同じ色の駒2つあると、そこを乗り越えることはできません。

f:id:ma_naru:20190204142051j:plain

 

②後ろから別の色が追いついて、ぴったり同じ色に止まった時。

元々いた駒はふりだしに戻されます。

OMG!(オーマイゴッド!)

f:id:ma_naru:20190204142659j:plain

やっと「6」が出てマスに出れたのになんてこった。初めからやり直しだなんて。

f:id:ma_naru:20190204142639j:plain

 

こんな感じで攻防を繰り広げながら、4つの駒を全部先にゴールさせた人が勝ちです。

 

ひとりでシュミレーションしようとして、あまりにも時間がかかりそうだったので、心が折れました。

 

誰かとプレイすれば、きっと時間がかかっても楽しいです。