なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て支援(独身子なしですけど)ブログ

な〜る。『熱帯』の我輩を作ってみた。

みんぱく』と『熱帯』と『達磨』

 

森見登美彦さんの『熱帯』のイベントに行けたことは、大変良い機会でした。

www.ma-naru.com

 

www.bunshun.co.jp

 

 

民族学博物館、通称「みんぱく」で開催されたイベントの内容は「千一夜物語」と「熱帯」の不思議な関係に迫る内容。

普通に「千一夜物語」の解説が興味深い。対談というより西尾先生による世界不思議発見!会場が「みんぱく」というのもいいですね。

f:id:ma_naru:20190217222649j:plain

この対談中ずっとマスコットとして鎮座していたダルマさん、『我輩』。

手前に置いてあるのは西尾先生の貴重な蔵書、フランス語で翻訳された『千一夜物語』です。昔の本は、全てのページが袋とじになっていて、買った人がナイフで切ってから読むスタイルでした。なので、ページの端がギザギザなんですね。

f:id:ma_naru:20190217222619j:plain

このダルマさん、『熱帯』の中で動いて喋るキャラクターなのですが、骨董屋でダルマがたくさん並んでいるシーンが出てきます。

そのシーンを読むと、「みんぱく」の、この展示を思い出さずにはいられません。

渋沢敬三記念事業 屋根裏部屋の博物館』展です。

f:id:ma_naru:20190217231400j:plain

渋沢敬三さんは、かの渋沢栄一(日本資本主義の父と呼ばれている)の孫で、みんぱくの基礎となるコレクションを築きました。

日本の民俗学に多大な貢献をした人です。

達磨コレクションは100体以上。その一部が公開されていましたが、大小、様々な達磨が並び、圧巻です。

 

ブログにも以前書きましたが、赤い達磨は、子供のお守り、主に疱瘡除けとして使われた歴史があります。今では全国的な縁起物ですね。

www.ma-naru.com

 

『熱帯』のだるまさんを作ってみる

なんと、文藝春秋のサイトに展開図が公開されています。

books.bunshun.jp

 

こういうのあると、作りたくなっちゃいますよね。

プリントアウト!

f:id:ma_naru:20190217222713j:plain

線に沿って切っていきます。顔のひげのところだけちょっと難しいですね。

f:id:ma_naru:20190217222748j:plain

うまく切り抜きました。折り目もカッターナイフで軽くスジをつけておきました。

f:id:ma_naru:20190217222848j:plain

組み立てて、のりしろを貼り合わせます。

f:id:ma_naru:20190217223030j:plain

顔もつけてこんな感じ。

f:id:ma_naru:20190217223058j:plain

おっと、仕上げに葉っぱもね!!

f:id:ma_naru:20190217223125j:plain

ぜひ、作ってみてください。結構可愛らしいです。

 

最後に自慢ですが、こちらが森見登美彦さんからいただいたサインです。

f:id:ma_naru:20190217223152j:plain

ダルマさんが「な〜る」って言ってます。

 

これは全くの偶然なのですが、なる子と森見氏はやっぱりどこかで縁があるのかもしれない。

そう思わざるを得ないのですよ。

 

(自意識過剰)

 

 


熱帯