なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て支援(独身子なしですけど)ブログ

神かくしZONEに住んでいる

以前、書いた通り、私の住みたかった街は茗荷谷駅周辺です。


もっと言うと、ヨーロッパに住むことに異常な憧れがある痛い独身女です。


現実的には都内の某所、古い住宅地のレトロアパートに住んでいます。関西に住んでいた頃の金銭感覚で、安い賃貸を探してたどり着いただけで、縁もゆかりもございません。


なぜか関西弁が聞こえてくることが多く、若干関西人が多いような気がしています。実際、最寄りのスーパーに4枚切り食パンを置いているところを見ると、本当は東京じゃないのかもしれません。交通量が少ないからか、信号無視して曲がってくる車がいて、「どこのどいつが…!」と二度見したら、「なにわナンバー」でした。


ここも時空が歪んでいるのか…


古い神社もあったり、細い路地が入り組んでいたりと、もともと東京って碁盤の目になっておらずわかりにくいけれど、引っ越してきたばかりの頃は、地図がなければ迂闊に外出できないぐらいでした。


だいぶ慣れてきましたが、家の前が路地裏になっていて、地元の人もよく迷子になっています。

特に何も知らず入ってきた車が立ち往生しています。通れそうで通れない道なのです。たまにぎりぎりすり抜けていくツワモノもいますが。


地元の人もだいたい道の話をしながら通って行きます。いまや、Googleマップもあるし、完全迷子の人はいないと思うけれど、だいたい道に迷いかけているか、不安になっているようです。


「ねぇ、この道あってるの?」

「ここ車あぶない所だ。」

「こんな細い道、わからなくなる。」


最近、家にいることが多いので、外から聞こえてきたセリフを書き留めています。


先日、最新情報を得ました。声の感じからすると、中学生の男の子たち。


「ここらへん、幽霊でるんだよ!」


知りませんでした。

ガマガエルなら見たことありますけど。

都内です。時空は歪んでるけど。

f:id:ma_naru:20191119233434j:plain


そんなわけで、自分の住んでいる街のことを「神かくしZONE」と勝手に呼んでいます。


書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー