なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・キッズ応援ブログ

ミルクボーイさん!2位予想やったんよ!!すごい!

用事があって、M-1をリアルタイムで見れなかったのです。

Yahoo!ニュースとか見ないようにしていたけれど、わかってしまった。

 

ミルクボーイ!おめでとう!

 

「やすとものどこいこ!?」で筋肉体操みたいなことやってた駒ちゃんのイメージしかなかったけど、すごい!M-1優勝!

 

ちなみに私は決勝全組の3回戦ネタを見て、ミルクボーイは2位予想にしていました。

まあまあいい線行ったんじゃない?えっへん。

 

では一言ずつ感想を。

 

ニューヨーク

…がんば!

 

かまいたち

1本目…UFJUSJ、何年もやってるネタやな〜。

しかし面白い!ブラッシュアップがすごい!知ってるネタなのにめっちゃ笑った。

もしかしたら去年決勝2本目でやりたかったネタなのかもしれないね。鉄板ネタをいくつも持っているコンビの強みを見ました。

 

和牛

人気な!今年は敗者復活も無理だと思ってたけどね。人気票えげつない。まあ面白いしね。

今回はコント漫才でしたねぇ。面白かった。和牛はコント漫才だけでなく、掛け合い漫才を修行中なのではないかと私はみています。だから今年は仕上がってない。シビアな結果になる。って言うか、毎年毎年新ネタを消費せなあかんのきついやろ〜。一年ぐらい休めたらいいのに。

 

辛辣な審査員の意見をもらえたと言う点で、やっぱり恵まれている。実力あるし、ファンにも恵まれ、先輩たちからも叱咤激励されて本当に恵まれてる。ここにきてまだまだこれから。まだまだ修行させられる!かわいそうだけど期待されているよね。

 

2本目に用意していたネタ、しっかり育ててください。

 

すゑひろがりず

いつぞやのテツトモのように、「M-1漫才」を舞台にしたところよりも、もっともっと広い範囲で楽しんでもらえる芸だと思う。面白いもんね。こういう芸がM-1の決勝まで登ってこれたことに価値があるよね。テツトモのときのような言葉足らずな審査員講評でなく、審査員が温かく適切な言葉を選んでいたのが良かった。視聴者が誤解することなく受け止めることができるから。番組と共に審査員の成長?も感じました。

 

からし蓮根

ひかれた所面白かったな〜。

審査員の言ってた通り、まだ若いし緊張してたよね。予想通り、M-1っぽい。

 

見取り図

「黙って聞いとったら!」去年のネタ思い出せないけど、今年のネタはもう何回か見たいし、楽しかった!

M-1は漫才師を育てるな〜。

 

 

ミルクボーイ

1本目、改めてコーンフレークのネタ、めっちゃおもろい。コーンフレークだけでこれだけ盛り上がれるのすごい。感心してしまった。史上最高得点だったそうです。

 

オズワルド

おぎやはぎを思い出す、しっとり漫才。5年目だって。すごーい。

 

インディアンス

私の優勝予想でした。多分、劇場で見たらめちゃくちゃ面白いと思う。審査員の評価は低めでしたね。すごくショックそうでした。素人の視点と審査員の視点は違うんだな〜。でも、本当に面白いと思うので頑張って欲しいです。

 

ぺこぱ

現代を感じる。その点、四千頭身と共通していると思う。ほんと、着物ローラースケートの時の雑魚キャラ感、完成されてない感、最終決戦に残るほどかどうか、とも思うけれど、若い人たちの感性に近いポジティブ変換だと思います。「漫才うまいな〜。」とかではなく、「あれ?時代が変わった?」って思わせるのが良かった。

 

 

最終決戦

残ったのはこの3組。3連単、外れました。

 

ぺこぱ

かまいたち

ミルクボーイ

 

 

最後の方、疲れて眠くなっちゃって、つら。

 

最中はねぇ、泣くほど好きな子どももいると思うのよ。ちょっと引っかかったのはそこかな。最中はコーンフレークほどの深堀がなかったような。とか、本当に無理やりなあら探しでしかない。どの漫才もとっても面白かったです。

 

お笑いのトーナメントとかが、どんどん面白くなっているような気がして、私は嬉しい。これからも漫才聴きながら作品づくりします。