なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

独身子なしが子育てブログとはどういうことか。このブログを始めたきっかけについて。

このブログ、一応「子育て」カテゴリーに入れているんですね。

 

私は独身だし、子供もいませんから、そんな人間が「子育て」についてブログを書くなんて、アウェイ感半端ない。

 

ある日、Voicyと言うオンラインラジオを友達に勧められて聴いてみました。

いろんなテーマのチャンネルがあるのですが、人気があるのは、起業家の人とかインフルエンサーとかがご自身の仕事のこと、情報発信について、お金を稼ごう!とかを話をしているもののようです。どうしようもない生活を送っている私にはとても刺激的な内容でした。

(お気に入りはあやにー さん、かほこママさん、イケハヤさん、ロブカニちゃん)

 

voicy.jp

 

f:id:ma_naru:20180811213905j:plain

Voicyを聴いていると、何かを始めたい気持ちになるんです。

 

それで、「ブログを書く」だったら始められそうだな、と思ったのでした。

 

ただ、ブログを書くにしてもテーマが必要だな、と。

 

痛い夢追い人な私は、定職に就いた年齢も遅く、生きていく為に子育て系の仕事を色々して来ました。アルバイトがほとんどですが、正規職員だったものもあります。

 

本当は、自分の夢の方でブログを書ければ良いのでしょうが、いつの間にか積み上がっていた、子育て系のお仕事の経験、知識やノウハウをこのまま闇に葬ってしまっていいのか、という気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

 

夢を追いかけて保育士さんになったり、先生になったりした人たちにものすご〜く後ろめたい気持ちがある。

 

だけど、間違いなく私の人生の一部である「子どもたちと関わってきたこと」にもっと胸を張りたい。

 

形として残していくことに挑戦していこう、と思ったのでした。

 

難しい点もあります。

結婚もしていない、子どもも産んでない女の、子育ての話なんて、聞きたい人いないかもしれないし。

 

守秘義務のある仕事ですから、言えることと言えないことがあります。

 

子どもたちとの楽しいやり取りがTwitterで話題になった「てぃ先生」は、全エピソード掲載前に保護者の許可をもらってるとどこかのインタビューで言っていました。

すごいよね。信頼されてるな〜!職場の方も理解があるな〜!

 

そんなこんなで、現場の人が現場の声を発信することが少ないような気がします。

子どもがいない人も子育てについて考えたり発信することって社会にとっても必要なことじゃないかしら。


日常の話も交えながら、少しでも届けることができたらな、と思っているので、読んでくれる人が増えると嬉しいです。