なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

なる子、高鐵で中華人民共和国へ。香港人の「中国怖い」とは。

中国の新幹線、広深港高速鉄道、通称「高鉄」で香港から広州へ

 

1日だけ中国本土側へ行くことになりました。ちょっとした視察をかねて。

中国南部の巨大都市、広州へは、香港からバスで約2時間。…ですが。

 

乗りました。2018年に開通したばかりの『高鉄』です。

f:id:ma_naru:20190406013542j:plain

 

西九龍駅から広州南駅まで約50分。

めっちゃ速い!

 

しかし、国境を越えるので、色々注意が必要です。

中国の自治区であるとは言え香港の人にとっても国境を越えることになるので、香港の人はIDカードの提示が必要です。

 

日本人はしっかり入国管理があります。指紋と顔認証がありまづ。

西九龍駅側に入国管理はあるので、時間に余裕を持って行った方がいいです。

 

f:id:ma_naru:20190405225159j:plain

 

香港に戻ってくる時には出国票を書かなければいけませんでした。 Departure card です。そして香港の入国カードも、もう一度書きます。香港の入国カードは転写式で、出国する時渡さなければいけないので大事に保管です。

 

香港人の「中国やばい」が止まらない

今回は2人の香港人と中国に向かうことになりました。

 

チケットを買うあたりから、香港人の言動が険しくなってきなした。

「1等車で行きます。2等車はちょっとね、ローカルな雰囲気だから。」

 

え?むしろいいじゃん。楽しそう。

なる子はエジプトでルクソール〜カイロ間、約8時間(実際には遅延して11時間)の距離を2等車で移動したことがあるのです。

座席のスプリングが壊れていて座り心地最悪で、周りのエジプト人が大声で電話したり大音量で音楽流したりしていて、灼熱の砂漠の中なのに、エアコンがどうやら壊れている、そんな2等車で11時間。この列車のトイレに至っては、モザイクかけても公共の場に出してはいけないレベル。

 

それに比べたら、去年できたばかりの新幹線なんて天国じゃない?たったの50分だし。

毎日東京の通勤ラッシュで押しつぶされていた日々を思えば、座れるだけで極楽だよ?

 

そう思ったけど、どうせ乗るなら1等車も楽しそう。

やったー。私、日本でグリーン車にも乗ったことないのに!

東京〜大阪間を格安高速バスで往復したことも何度もあるぐらいなのに。

f:id:ma_naru:20190406013641j:plain

じゃーん。幅広で快適でした。

 

同行の香港人のひとりが、とても日本語が流暢で、

「中国行くの初めて?どんな気持ち?」と聞いてきました。

「そうなんです!香港も初めてだし、中国も!台湾は行ったことあるんですけど!楽しみです!」

そう返すと、

「怖くない?」

え?逆に聞くけど、怖いの?

 

「中国やばいよ。中国着いたら、カバンはかならず体の前ね。」

「食べ物と水、気をつけて。やばいから。」

「中国の特に田舎の街、めちゃ危ない。連れてかれる。特に子どもと女、やばい。臓器ね、取るから。トイレとか危ない。」

 

…!!

やばいが止まらないじゃないか!

よくわからないけど、日帰りで良かった!

 

以前、お話しましたっけ。本当にあった怖い話…。

 

www.ma-naru.com

 

ちなみに私は、海外と大阪ではカバンを体の前に持つようにしていますよ。

気をつけてますから、20カ国ぐらい行ってますが、スリや置き引きにあったことがあるのは大阪で油断していた時だけです。(おいおい)

 

 

香港人はメインランドチャイナをどう思っているのか

香港には毎日100人以上、中国本土からの移住者がいると言います。

返還後合計すると100万人以上。だんだん中国人の街になってきているのです。

日本でもこのことは報道されることがあるので、香港に着いてから中国本土人香港人か、それとなく聞くようにしています。それぞれにそれぞれのプライドがあるから、言葉に気をつけるためにもそうしています。

 

日本語を話さない方の香港人も、中国に着いてから、少しピリついた感じがありました。

 

曰く、

 

・高鉄はだいたい遅延する。

・2等車は大声で話す人、泣き叫ぶ子ども、音を出して音楽を聴いたり、動画を見たりする人たちでカオス。

香港人も中国人も他の国から見たらほぼ一緒って思われているから、本当に恥ずかしい!

・駅のトイレは絶対に使わない方がいい。電車の中の方がマシ。

・駅はSFみたいで大きい。中国はなんでも大きくつくるけれど、大きいだけ。

・建物は大きいのに、出入り口は狭い。人民をコントロールする為。

・休みの日には中国人は家に帰るため大移動する。駅が人で溢れる。地球を脱出するみたい。

エスカレーターは突然故障することがあるから乗らない。

・タクシーの客引きは絶対に無視!ライセンスのない違法タクシーだから。

・中国では電子マネーが普通。偽札が多く、現金が信用ないから。

・使っているのはクレジットカードではなく、デビットカード。信用がないから。

・現金を使う香港人を「遅れている」と馬鹿にするけれど、現実はちょっと違う。中国では電子マネーなどで行動が統制されていて、自由がない。

・入国管理が香港側にあって、国境線が引かれている。なんかあったら中国の警察が介入するのが怖い。

・なんでも1番とか言うの、ナンセンス!

 

…怖いヤバイが止まらないじゃないか。

 

いいところは?

 

「土地がある。食べ物も交通も安い。」

 

…。人は褒めないのよね〜。

 

「昔の香港は、貧しかったかもしれないけれど、教養があって、思いやりがあって、みんなそれなりによく暮らしていた。」

「でも、本当はわかってるんだ。中国人は横に広がって道を歩く。狭い香港の道で。常識がないと思うけれど、単に習慣が違うだけ。声をかければ気がついて道をあけてくれるんだ。そのぐらいのことはできる人たちだってわかっているよ。」

 

そう、中国人は困った人が多いけど、いい人だっているってことを私も経験的に知っている。留学時代仲良しだった子の一人は上海出身の女の子だったし。

 

オールド香港への郷愁は、日本でもよく言う「昔は良かった。」に近いのかもしれないですね。

 

香港は中国本土からすごい資金が投入されているのだそう。他の都市が妬むぐらいの金額だそうで。

「彼らは香港の事を想っているよ!とすごい言ってくるけど、その愛は僕たちは求めてないんだよね!」と香港人は笑う。

 

 

 

中国への日帰り旅行から戻ってきて、香港の摩天楼を指差して教えてくれました。

「あの手前の建物見える?僕が子供の頃、1番高かったビルだよ。」

 

高層ビルに埋もれている。

 

そんな風にオールド香港を懐かしみながらも、その人だって中国本土の勢いに負けず24時間バリバリ働いていて、すごいのです。ヤバイのです。働きすぎてて怖いのです。

 

香港人と中国人の隔たりもあるんだろうけど、香港人となる子の間に大きな隔たりを感じるのでした。