なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なしですけど)ブログ

芸術的な竹の足場にうっとり


再び香港にいます。なる子です。

今日は「手をつなごう」みたいなデモがあったそうですが、ぐうたらなので参加も見物もせず、夕方ふらふらとローカルエリアを探検した後、夜はホテルでごろごろしていました。

 

香港らしい景色というのがいくつかあるのですが、例えばこれ。

左の方に見える看板は、質屋のものです。

今回注目してほしいのは、工事中の建物。

わかりにくいかもしれませんが、足組が全部竹でできています。

f:id:ma_naru:20190823220347j:plain

すごいを通り越して美しい。アートだわ。

 

 竹で足場を作るのは、台風がよく来る地域だから。鉄のパイプだと壊れた時のダメージが大きいらしい。竹が1番柔軟で軽くて安くて良いのだとか。f:id:ma_naru:20190823220107j:plain

香港名物。f:id:ma_naru:20190823220210j:plain

 

この竹の脚組のすごさがわかるのが、 超高層ビルの建設現場です。

f:id:ma_naru:20190823220458j:plain

やばくないですか?

今のところ、50階は超えているようです。

f:id:ma_naru:20190823220609j:plain

冷静に考えてみれば、香港のあの超高層ビルが立ち並ぶ風景はバンブーの足組みを使って作られたということです。

これはすごい技術なのでは。

 

高層ビルと竹の足場。一見矛盾するような取り合わせだけども、昔からある技術は最新のものでは代替できないこともある、とずっと 香港人は知っているのかも。

 

新旧の景色が入り混じった不思議な街。

 

香港はほんこんであってほしいなと思うのです。