なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

庭園迷路で優雅に迷う

迷路好きですか?

映画の世界の庭園迷路、アリスの気分で迷ってみたい。

ピーターパン症候群、なる子です。

 


新・遊びの博物誌〈1〉 (朝日文庫)

『遊びの博物誌』(坂根厳夫著、朝日新聞社)の「迷路の王様」の項によると、庭園迷路というのは、16世紀ごろ、ヨーロッパで大流行したことがあるのだそうです。

 

ハンプトン・コート・パレスの庭園迷路は簡素で美しいと評判で、世界中に影響を及ぼしたのだそうです。

妻と離婚したいがためにローマ・カトリック教会を破門という形で離脱し、イングランド国教会を作っちゃったヘンリー8世で有名な宮殿です。ヘンリー8世は6回結婚しています。

 

観光で行ったことがありますが、ヘンリー8世のそっくりさんがいて、盛り上がります。(笑)

 

f:id:ma_naru:20181022221334j:plain

(引用元:「遊びの博物誌」坂根厳夫 著 1977、より)

有名な迷路ですから、もちろん行ったのですが、迷路自体の写真が残っていませんでした。

f:id:ma_naru:20181022213746j:plain

代わりに、どうやら迷路の真ん中にあった記念プレートの前で撮った写真を…。

銀のプレートに描かれたミステリーサークルみたいなやつが、迷路の全容です。

 

現在の物は、初期のものと違うデザインになっているそうです。

 

イギリスには、オススメの迷路園がもう一つあります。

 

それはブレナム宮殿の庭園迷路です。

ブレナム宮殿と言えば、チャーチルが生まれた所として有名。世界遺産だし、映画のロケ地としてもよく使われるので、日本人も観光でよく行く場所だと思います。

 

しかし、あまりに広すぎて、日本からのツアーだと、宮殿とその周りの庭園ぐらいしか多分見学しません。

スケールが尋常じゃありません。

人口の滝とかまであります。

 

そして、この宮殿、敷地内に遊び場が結構あるのです。

 

まず、移動手段がトイ・トレイン。

わ〜い。

f:id:ma_naru:20181022222737j:plain

 

ミニチュアタウンがあったり。

f:id:ma_naru:20181022223114j:plain

巨大なチェスで遊べたり。

f:id:ma_naru:20181022223150j:plain

大きくなったり、小さくなったりとアリスの気分を味わえます!

 

そして、ブレナム宮殿のGarden Maze!優雅に迷えるかしら〜。

f:id:ma_naru:20181022223554j:plain

大人の背の高さを超える生垣の壁が視界を阻みます。

時折、見晴台に上ることができる仕組みなので、自分がどの辺りにいるかもわかり、楽しい迷路だと思います。

 

f:id:ma_naru:20181022212403j:plain

 

…が、ガチで迷う友人A!頑張れー!

f:id:ma_naru:20181022212501j:plain

なんとか脱出できましたが、

「トラウマ。泣きそう。」(友人)

ということです。

参考になさってください。

 

ブレナム宮殿の迷路はこんな感じです。結構広いかも。

f:id:ma_naru:20181022212523j:plain

 

世界には、もっと色々な庭園迷路があるので、巡ってみるのも面白いですね!

 

余談:

「新・遊びの博物誌」のハードカバー本が中古本で9000円の値がついていて、軽く引いてます。

学校図書館の廃棄になったものをもらったので、私の持っているものはあんまり綺麗ではないですが、2冊とも大事にします。(笑)


【中古」】「朝日新聞社「 新・遊びの博物誌」】中古:非常に良い

 

とても面白い本です。文庫もあるみたいだし、興味があれば、探してみてくださいね!