なる子とマーナル☆

なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なし)ブログ

海だ!海を見たいんだー!大森ふるさとの浜辺公園

今週のお題「海」

 

相変わらず、仕事をしていないので、うっかりすると一日中家にいます。怖い。

 

フルタイムで仕事をしていた時、休日は一日中家にいれる幸せをかみしめていましたが、今はもう限界、家の中にずっといると鬱々としてくるのです。

この気持ちをすっきりさせたくて、ヨガに行こうと思ったら臨時の休日。なぜだー!!

夜遅く、自転車で飛び出して二駅先の本屋まで行ったりしましたが、メンタルの危機を感じています。このままでは病んでしまう。

 

よし、海だ、海へ行こう。

 

なるべく遠い海へ。

 

なるべく近い海へ!!(ずぼら)

 

東京都にもいくつか砂浜があるのです。

 

言わずと知れた葛西海浜公園

 

レジャーにデートに使えるお台場海浜公園

 

そして、大森ふるさとの浜辺公園です。

大田区の公園で、入場無料です。

 

よし、ここ(ふるさとの浜辺)に行こう!朝の海で心と体をリフレッシュするのだ!

 

 

最寄駅は京急本線「平和島」か、「大森町」。平和島の方が特急も止まるので便利かも。海岸線に沿って公園はあるものの、入り口が両端にしかないので、とてもアクセスしにくい。さらに東京の古いエリアは本当に道が複雑で困ります。google先生を頼りに向かいます。

 

なんというか、町工場も多く、寂しい感じの住宅街。

持ってたら車で行った方がいいかも。女性一人で歩くのはオススメしない雰囲気。

 

梅雨も明けぬしっとりとした空気感で、なんだったら小雨降ってるんじゃないか?

でも行くと決めたからには。

ああ、本当にたどり着くのか不安。

 

で、突然現れる海。ここがふるさとの浜辺公園

海…!

う、海ってさ、どこまでも続くイメージじゃないの?

 

ここは、、、向こう岸に埋め立ての島が見えて、もはやただの水たまり。

海感よわい。

f:id:ma_naru:20190712154410j:plain

 

朝の砂浜は水鳥と鳩で賑やか。

大森 浜辺

 

ゴミもたくさん打ち上げられていたけれど、そのうち清掃員の方々がいらっしゃいました。打ち上げられたクラゲや魚もいて、清掃って大変だな〜。

 

売店と休憩室もあり、足を洗う場所やシャワー室とかもあって、きっと夏の週末は賑やかなんだと思う。

 

平日の朝の休憩室はおじさんとおじいちゃんしかいません。売店も開いている様子はなかったです。11時からって書いてあったので待ってみましたが開きませんでした。

気まぐれ営業とみた。

 

結構広めのキッズスペースがあって、絵本もたくさん置いてあったけれど、親子連れはいませんでした。

 

おトイレは綺麗です。

 

…ああ、寂しい。

東京の海は私を癒してはくれない。

 

高村光太郎の詩で「智恵子は東京に空がないといふ」なんて一遍がありますが、ほんと、「東京には海もない」です。

 

そもそも、雨&寒いってだけで海向きの日ではない。海を見ながら水筒のお茶を飲んでみましたが、寒くて疲れました。

 

行くなら、晴れた、休日のお昼ぐらいとか夏休みに子ども連れで家族で行くのがオススメです。多分ね。