なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なしですけど)ブログ

今年のクリスマスは英国風に!?幸運のミンスパイ

なぜ、ヨーロッパではクリスマスが必要だったのか。

なぜ、クリスマスは12月25日なのか。

それは暗くて寒い12月を乗り切る為ではないか、という人もいます。

 

なるほど、納得。

12月25日はちょうど冬至が明ける頃ですものね。

イギリスは緯度が樺太あたり。

イギリス北部、スコットランドの12月の昼12時ごろはこんな感じ。

f:id:ma_naru:20181222220540j:plain

一番高いところに太陽があるはずの時間、もはや、夕方の日差し。

15時には薄暗くなっています。

 

クリスマスに向けてウキウキした気分で気を紛らわせないと、この日照時間の短さは耐えられない。日本人留学生の間でも、「最初の冬で鬱にならなければ、イギリスに住める。」とまことしやかに囁かれていたほどです。

 

だから、クリスマスには楽しいもので溢れているのです。

 

クリスマスは特別なモノなのです。

 

そんなクリスマスを思い出す、可愛いお土産を友人からいただきました。

 

ミンスパイ(mince pie)!!

 

イギリスではクリスマスの定番お菓子のひとつです。

2011年の調査では7.5million(750億個)の売り上げがあったとか。

 

美味しいかどうかは賛否両論ありますが、私は結構好きです。

もう、クリスマスの風物詩。

 

直径5cm程度の小さな一口パイですが、中にミンスミートと呼ばれるナッツとかドライフルーツとかが、ぐちゃっと煮たようなものが中に入っています。ちょっとスパイスの香りがします。

元々はお肉のミンチが入っていたそうですよ!

f:id:ma_naru:20181222222107j:plain

 

そのままでもいいけど、ちょっと温めて食べると、風味が増して美味しいよ!

f:id:ma_naru:20181222222132j:plain

 

日本でも、成城石井とかで買えるそうですよ〜。

 

美味しい日本のクリスマスケーキがたくさんあるにも関わらず、あえてミンスパイとはどうかとも思いますが…

もし、今年のクリスマスは英国風に!と考えているあなた!

 

ミンスパイ、試してみてくださいね。

 

同様の味のもので「クリスマス・プティング」というかなりの強者もありますので、興味のある方は、是非おためしあれ。

f:id:ma_naru:20181222025346j:plain