なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

マイナンバーカードを作っていなかったことにより起こったこと。

運転免許証も、パスポートも持っているし、マイナンバーカードはそんなに必要性を感じません。

 

マイナンバー通知書があるから、会社へのマイナンバー提出はできるし問題なし!

 

あると何かが便利になるらしいよ、とは聞いていたのだけれど、実感なく何年経ったのでしょう。丸3年と言ったところでしょうか。

 

とある事情で戸籍謄本が必要になったのです。

 

そういうのって、「地域のサービスセンターみたいなところで取れたはず〜。」

と思い出し、ふらりと特別出張所なるところへ行ったのです。

 

いざ、申請をしようとして、おかしいことに気づきました。

 

「あれ?これ来るところ間違えたな。」

 

そう、間違えました。

 

戸籍謄本は本籍のある市町村、特別区でしか発行してくれないのです。

 

しまった。

 

私の本籍、ここじゃないもの。住民票はこっちだけど!

 

本籍のある街まで、新幹線を使って約3時間。戸籍謄本のために日帰りするわけにいきません。

調べると、いろいろな取得方法があるのです。

主に3つです。

 

①郵送してもらう(すごい!海外からでもOK)

代理人に頼む(頼むのは申し訳ない。面倒臭い)

マイナンバーカードを使って全国のコンビニで交付してもらう。

 

マイナンバーカードを使って全国のコンビニで交付してもらう。

 

マイナンバーカードを使って全国のコンビニで交付してもらう。

 

え…!?

 

社会人として、このぐらいの知識はきっと常識なんでしょう。

面倒なことと思い込み、目をそらした結果です。

 

コンビニ交付には、手数料100円引きの特典つき。

24時間全国即時発行(年末年始除く)

 

こんなメリットがあることを、具体的にイメージできていませんでした。

 

調べるとマイナンバーカードの発行にもちょっと面倒な手続きがありそうなので、今回は①の「郵送してもらう」を選ぶことにしました。

 

1申請書をダウンロードして印刷(正確にはわからないけど、紙代とインク代)

2郵便定額小為替を郵便局で購入(発行手数料+100円)

3送付用、返信用の切手を購入(164円。封筒は手元にあるものを利用)

4本人確認証明のコピー(約10円?)

 

計274円余分にお金がかかって、手間もかかるという結果に。

 

定額小為替(ていがくこかわせ)と読むそうですよ。そのまんまといえばそのままなんだけど、あまりにも普段使わない単語すぎて、読み方見失うよね。

f:id:ma_naru:20181108231240j:plain

ゆうちょで買った小為替です。こんな感じ。

受取人名を本来は記入するようなのですが、戸籍謄本の取り寄せは未記入で提出するように、とのこと。

 

今回はいい勉強になりました。

マイナンバーカードの取得に前向きになってきました。

 

ちなみに今回必要になったのは、携帯電話の乗り換えをするなら、離れて暮らす家族と家族向けの割り引きサービスに入っちゃえ!と思い立ったのです。

 

ところが、住所の違う家族は証明をしないと割り引いてくれないということで、この面倒な手続きが必要になりました。

 

マイナンバーカード…確かに便利かも。と思った出来事でした。