なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・子育て(独身子なしですけど)ブログ

イギリスの郵便ポストって赤くて可愛いよね。時代の見分け方。

 

 郵便ポストの設置年代をおおよそ見分ける方法

  イギリスの郵便ポストって赤くてレトロで可愛いですよね。

f:id:ma_naru:20190626234359j:plain

イギリスの風景に欠かせないもののひとつではないでしょうか。

 

古そうに見えるけれど、どれぐらい古いのか?

実は日本の年号のように、誰が王様の時期に作られたものかが描かれているので、おおよその時代を見分けることができます。

 

今回の3泊の旅行中に集めたポストコレクションから、その見分け方をご紹介します。

 

Victoria’s Reign(1853〜1901年)

f:id:ma_naru:20190626213504j:plain

VR」のイニシャルがあるのは、Victoria’s Reign(1853〜1901年)、ヴィクトリア女王の時代のものです!古い!ヴィクトリア女王の治世は1837年からですが、郵便ポストが初めて設置されたのが1853年なのです。なので、VRは19世紀後半。

 

こちらの写真はRye(ライ)で見つけたポストです。さすがアンティークの町。壁に埋め込まれたこのポストは、Wall Box(ウォール・ボックス)と呼ばれるタイプのもので、マニアックなウェブサイトとかを参照すると、このデザインのものは1880〜90年代ぐらいに作られたようです。

おなじみの筒型の郵便ポストはPillar Box(ピラー・ボックス)と言います。

 

Edward Ⅶ's Reign (1901〜1910)

f:id:ma_naru:20190626212800j:plain

「E Ⅶ R 」のイニシャルが入っているのは、エドワード7世の時代(1901〜1910年)のもの。

こちらはClapham Commonという公園の周りにあるお屋敷の前で撮った写真です。建物も1896年と書かれていますから、ヴィクトリア時代の古いお屋敷です。

 

George’s Reign(1910〜1936)

f:id:ma_naru:20190626212804j:plain

ジョージ5世(1910〜1936)

シンプルな「GR」のイニシャルはジョージ5世の時代のもの。この写真もClapham Commonの近くで撮りました。

 

超レアなEⅧRエドワード8世・1936年のみ)と、GⅥR (ジョージ6世・1936〜1952年)は、今回見つからず。

 

GRがふたりいて見分けにくいのでイラストで。

ジョージ5世はⅤが入っていない。ジョージ6世は筆記体っぽいGRによく見ると小さなⅥ。

f:id:ma_naru:20190627012848j:plain

 エドワード8世はアメリカ人と駆け落ちしたんですよね、確か。在位が一年もないので激レア。

このエピソードは、ジョージ6世をモデルにした「王様のスピーチ」にも出てきますね。

Elizabeth Ⅱ’s Reign (1952〜)

f:id:ma_naru:20190626213450j:plain

エリザベス2世(1952〜)

現女王です。まだまだ続くとんでもない長さの治世。一番街中でよく見る「EⅡR」古いものだと60年以上前ってことになりますから、EⅡRの郵便ポストのさらに細かい年代が見分けられたらマニアですね。

この写真はRyeで撮りました。そこそこ古いものかもしれません。

 

何気なく通り過ぎる郵便ポストですが、様々なデザインがあり、ちょっと気にして見てみると、イギリス通な感じで旅行も楽しくなりそうです。

 

【豆知識】
イギリスの切手には国名が書かれていません。世界で初めて切手を発行した国だからなんだとか。