なる子とマーナル☆

少女の心を忘れない、なる子とマーナル☆によるアート・旅行・キッズ応援ブログ

東京駅八重洲口、現代アートがアツいんじゃない!?

これまで、アートスペースのハシゴと言えば、銀座が多かったのですが、これからは東京駅のしかも八重洲口に行くことも増えそう!というお話です。

 

www.ma-naru.com

 

東京駅といえば、ステーションギャラリー、KITTEに入っているインターメディアテク、三菱一号館、など丸の内側がオシャレだし、洗練されているし、良いアートスペースや博物館があるイメージだったのですが、八重洲口も今、再開発が進んで少しずつ景色が変わってきましたね!2022年に設置された吉岡徳仁さんのパブリックアートも、印象的です。

 

八重洲口と言えば、旧ブリヂストン美術館、アーティゾン美術館は外せません。

それこそ、東京駅から徒歩圏内ということもあって、地方に住んでいた時は、新幹線の駅から便利なので、さっと立ち寄れる質のいい私立美術館として父に連れられて行った記憶があります。建て替えを経てアーティゾン美術館として生まれ変わり、現代アートにもすごく力を入れていて、面白い企画も多いので前よりさらに好きになりました。

https://www.artizon.museum/

入り口の位置が変わったので、要注意です。以前のブリヂストンを知っている人は、見つけられなくて帰ったという話も聞いています。w

 

そして、OPENしたばかりの、リクルートクリエイティブセンターの新アート拠点、BUG ギャラリー。銀座にあったG8とガーディアン・ガーデンが閉館して、寂しい限りでしたが、ずいぶん尖ったギャラリーが完成したようです。

https://bug.art/

 

最近見た展示を紹介したいと思います。

 

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃「ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン」展

(2023年11月19日まで)

サンサシオンとはフランス語で「感覚」という意味なんだそうです。

 

アーティゾン美術館の、所蔵作品とアーティストがセッションするという試みが年に1回ペースで開催されています。

森村泰昌さんが青木繁の「海の幸」を解釈していく展示は見応えがあり強烈に記憶に残っています。今回はセザンヌ雪舟の作品を山口さんが模写して気づいたことなどを展示してあり、山口さんの漫画を交えた文章が痛快で楽しく、全部読みたくなる内容でした。巨大ジオラマインスタレーションみたいな作品は、平面的とも考えられる水墨画の中にある空間を体感できて不思議な感覚になりました。

これは設計図?みたいな。大型ジオラマはぜひ展示で体感してほしい。



山口さんの作品と言えば、超絶技巧の激ウマ絵画、日本風油絵、現代風絵巻物、、、なんと言うのが正しいのかわからないけれど、普段作品の最終形態として見るものがとてもすごくて魅力的なんですよね。今回の展示は絵画作品の割合は少なめだったかもしれませんが、プロセスがたくさん見えて、とてもよかったです。

全体もすごいけど絵画の一部を拡大して見てみると面白い。とてつもない。

 

会場自体の構成も面白くて、テトリスを組んだような壁がパーティションになっていて、足元に空洞ができていて、隣の空間と不思議なつながりがあったり、パーティションの向こうに見える景色の切り取られ方が面白かったりと、いろんな角度から鑑賞できて、気が抜けない構成でした。



パラリンピックポスターの作成に関しての葛藤を描いた漫画も興味深かったです。現代に生きるアーティストが、政治に利用されっぱなしにはならない方法を模索しつつもやりきれなかったジレンマが漫画に描かれていて自分は何ができただろうか。。。と考えてしまいました。

ポスターは、ネオ東京的でSFチックな流鏑馬を描いた作品で、背景の街の中にハンディキャップのある人たちの日常の一コマや、ブルーシートを被った家、福島原発なども描かれていて、オリパラのそもそもの目的、目標はなんだったか、「復興五輪」はどこに行ったのか。色々思い出す内容でした。

 

すごく良かったのに、あまり写真を撮らなかったのはどうしてだろう。見ることに集中できたのかもしれません。スケッチOKの展示なので、スケッチブックと鉛筆を持っていくと良いかもしれません。

 

山口さんが目指しているのは、海外のようにイーゼルを立てて油絵で模写できるような展覧会のようです。この展示もソファや椅子がたくさん置いてあったので、じっくり過ごせます。

 

アーティゾン美術館は、所蔵コレクションも充実しているので、とにかく時間がなくなる。

私のおすすめは、現在洛中洛外図屏風が置かれているお部屋。

日本画は保存の面で繊細なので、美術館などではガラス越しに見ることがほとんどです。

ここも、そうなんですけど、、、ガラスの継ぎ目がないんです。8mくらい。多分、アクリルガラスなんだろうとは思いますが、継ぎ目のないショーケース、やばいんです。

うっかり近寄ってぶつかりそうなくらい、ガラスの存在を消しています。

 

印象派中心に本を読む女性の絵画を集めてコーナーもヨーロッパの文化歴史を知れて良かった。

 

次回のセッションはヴェネチア・ビエンナーレの日本館代表としても話題の毛利悠子さんとのこと、楽しみ〜!

 

と言うわけで、アーティゾン美術館は東京駅・八重洲口エリアのおすすめNo1スポットです!

 

BUGこけら落とし「雨宮庸介個展「雨宮宮雨と以」

(展示会期は終了しました)

これまで、写真とグラフィックの登竜門的コンペ、「ひとつぼ展」「1_WALL」と展開してきたガーディアン・ガーデンが閉館となり、新しい若手発掘コンペと企画展を開催していくアートスペースが、八重洲南エリアのリクルートビルの1階にできました。

コンペもこれまではグラフィックデザイナーの割合が多かったイメージですが、今後はもっと現代アートに向かっていく気配を感じます。前述のアーティゾンを始め、現代アートに力が入った美術館の学芸員、研究員が審査員にずらり。それでもグラフィックデザイナーも審査員に残すあたりが、リクルートのこれまで培った日本の広告、デザイン界を牽引するデザイナーとの関係性と、リクルート(のクリエイティブセンター)らしさ、個性が出て期待が持てます!

 

近年の1_WALLの入選者を見ても、グラフィックと言うには、あまりにも破茶滅茶なのでは…と冷や汗をかくほど尖ったアートな作家が多かったのですが、BUGは「思う存分、めちゃくちゃやっちゃってください。」という方向性を最初から示していて、ドキドキします。

 

去年あたりに崩壊したか?とも囁かれるアートバブルを尻目に、いわゆる現代アートマーケットの潮流には乗らないよ!と宣言した上でのこけらおとし…。

「溶ける林檎」の立体作品が印象に強い雨宮さんですが、初めて作品を直に拝見しました。

 

めちゃくちゃでした(褒め)

 

入り口はオシャレなカフェなので、駅前の喧騒の奥で展示がある、、、と言う導線にまずびっくりしましたが、そんなのどうでも良くなるぐらい引き込まれました。

 

レクチャーパフォーマンスと題したパフォーマンスも、言葉とイメージの洪水に飲み込まれていくような、面白さがありました。アーティストとして全力で生きている。生き急いでいる。どの瞬間もアーティスト。この人が物事をどのように見て、どんな言葉に変換してくれるのか、一瞬も見逃せないような疾走感がありました。



石巻のビデオ作品も衝撃でした。

手に刻んだ母の字。ブラインドが上がり、ガラス越しに見える2020年代石巻の景色。

言葉を失う。

 

これらを見た後に、改めて「溶ける林檎」に向き合うと、印象が変わってきます。

林檎はどうして溶けたのか、溶けたのか?それとも林檎になるための過程なのか?

(作者の意図と違っていたとしても)

自分の人生の全ての瞬間を感覚を研ぎ澄まして、死ぬまで生き切りたい。

そんな風に思える展示でした。

 

今後、BUGがどのようになっていくのかは、まだまだわからないところですが、期待してこれからの展示も行ってみたいと思います。(駅近なのが、すごくいいですよね!オシャレカフェもいつか利用したい!)

 

 

以上、これからも見逃せない進化中の八重洲アートスポットでした。

ハロウィンの仕掛け絵

仕掛けのあるハロウィンアートづくり

ささっと楽しいハロウィンアートができないものかと考えまして、特急で作りました。

試作品のような感じで細部は雑ですけど、アイデアの基になればいいなと思います。



グラデーションを作る

ハロウィンっぽい色の背景色をグラデーションで描きます。

使用したのはアクリルガッシュ

ハケか平筆を使うと良いです。

オレンジと紫がハロウィンぽい。

 

おばけやしきをつくる。

黒い画用紙でお屋敷を作ります。

今回は仕掛け絵にしたいので、窓や扉を開くように切っておきます。

 

仕掛けをつくる

シンプルに扉や窓の中に絵を描くだけでも、楽しいと思います。

飛び出す仕掛けをつくるともっと楽しいかも。

仕掛け絵本の作り方も参考にしてみてくださいね!

 

www.ma-naru.com

www.ma-naru.com

www.ma-naru.com

 

 

 

 

ようこそ、お化け屋敷へ!

シンプルな飛び出すカードと同じ仕組み!

 

窓の扉に引っ張られて、蜘蛛が出てくるよ!

 

月をめくると…

 

ジャック・オ・ランタン

 

子どもたちが大好きな楽しいイベントだし、仕掛けがハロウィンのイタズラっぽくて相性ばっちり。

 

独自のアイデアと工夫を見つけて作ってみてくださいね!

 

野又穫 「Continuum 想像の語彙」展

久しぶりに美術展に行きました。

美術館などの有料展示は倹約家には厳しいものがありますが、見に行って良かったな〜という展示です。

 

オペラシティアートギャラリーで9月24日(日)までなので、最後の週末は混みそう。

 

https://www.operacity.jp/ag/exh264/

 

想像の世界ってリアルに描かれていると、それだけ説得力が増すような気がします。

 

ほとんどの絵に人間の姿はないのですが、階段や柵の高さでスケールを想像することができます。

 

風車や、船の帆、気球などの機能がついた建物も多く描かれています。

 

人の気配がしない、ディストピア感も漂う、不思議な感じ。ちょっと旧共産圏のモニュメント的建築に通じるものがあるかも。

 

騙し絵っぽい、エッシャーのような雰囲気。

 

グラスハウスに植物が閉じ込められてる世界も多く描かれていました。外部にも植物が生えていて、中と外と何かが違うんだろうな〜、とは思うのですが、うまく言葉が出てきません。

私の語彙力は想像の世界だけでなく現実でも厳しい…

外の植物は、人間スケールで、グラスハウスの植物は、建物に合わせて限界まで大きく育っているという点でしょうか。秘密の研究所のようにも見えてきました。

 

もっと写真撮っちゃえばよかった〜。

 

別世界にダイブするような気持ちになれて、とても良かった。

吸い込まれるような気分で、あまり写真を撮りたくならなかった。

 

野又穫さんは、個展を開けば売れちゃう画家で、ほとんどがコレクター所有のため、なかなか美術館などでは見ることができないそうです。オペラシティアートギャラリーは、コレクターからの寄贈があったため、まとまった数をすでに持っていて、さらにいろんな所から借りてきたっぽいです。

 

また、近年世界大手のギャラリーWhitecubeの取扱い作家になったことで、海外でも人気が上昇中。ますます日本では見る機会が減ってしまうかもしれません。

 

今週おすすめの展示、ぜひ見て欲しいです。

 

 

(図録は折りこみページもあり、極限まで細部を見てもらおうというリスペクトが感じられる豪華本でした。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Continuum想像の語彙 [ 野又穫 ]
価格:4,620円(税込、送料無料) (2023/9/18時点)


 

ディスクカッターを買ったー話

ずいぶん久しぶりの投稿ですが、おかげさまで夏はワークショップに呼んでいただける機会がいくつかあって、本当に忙しかった!(頭の中が!)

 

今回は、以前から少し欲しかったけどついに買ってしまった、ワークショップの準備に役立ったグッズを紹介します。

 

それは、、、ディスクカッターです。

 


 

なんだ、ディスクカッターかよ!って感じなんですけど、やっぱり便利だな、と思いました。

A4の紙をA5にしたいだけでも便利。

やはり、お家工作ではなく、ワークショップをするとなると、材料の準備もクオリティを高くしなきゃとプレッシャーがかかります。

 

これなら紙を目盛りに合わせて、カッターのハンドルを少し押さえながらシャッ、シャー!と移動するだけ。

 

特に、子どもでもできる、ペーパークイリングなんかの準備にピッタリ。

画用紙を長細く切るのにディスクカッターは大活躍です。

www.ma-naru.com

 

そういう点では画用紙は結構大きいので、私が買ったA4サイズよりも、A3サイズが断然おすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カール事務器 ディスクカッター A3サイズ DC-630
価格:8,741円(税込、送料別) (2023/9/3時点)


 

放課後事業で勤務していた時代は、施設長(わたし)の独断でA3サイズの購入を決めました。

こちらはマグネットバーがついてるんですよ!サイドの位置を決めてしまえば、スピードアップ!

大活躍してくれた記憶があります。

 

事務的な使い方ならA4でもいいですけど、ワークショップや絵画教室、そして放課後支援事業、福祉事業、教育現場は何か工作やアートの準備をするときにめちゃめちゃ便利なA3がおすすめです。

 

今回は、予算の問題で、、、A4サイズにしましたが、、、赤字でもいいから将来を見据えてA3にすればよかったかなー、と後悔の気持ちもあります。

あと、A3は保管場所を探すのに苦労するという問題もあります。

 

お題「これ買いました」

懐中電灯?で探検するアートを作ろう!

懐中電灯のライトで探検するように遊んで楽しめる絵本をご存知でしょうか。

とても人気のようです。例えばこの、「ふしぎなライトでさがす うみのいきものどーこだ?」という絵本、世界で11万部のゲストセラーなのだそうです。

 


 

 

ご存知のない方は、「ブラックライトで光るのかな?」とか、「特別なライトが付属しているのかな?」と思うかもしれません。

 

実は仕掛けは意外にシンプルで、なるほど!と思うものでした。

 

黒、透明の2層になっている絵の間にライトの光を模した紙を挟み込むのです。

下の層の紙が黒かったので、何が描かれているのかはっきりわからなかった透明の層がライトが差し込まれることでくっきり鮮やかに!

 

かなり楽しい。気になる方はぜひ買ってみてください。

同じ仕掛けの絵本は他にもあるので「スポットライト 絵本」などで検索してみてくださいね。

 

さてさて、このしかけ、全く同じようにはできないけれど、応用すれば工作に使えるな!と思い、チャレンジしてみることにしました。

 

用意するのもの

・黒画用紙

・OPP袋 or OHPフィルム

・マジックペン

・白画用紙

・ホッチキス

・ハサミ

 

OPP袋というのは、よく商品を入れるのに使う透明の少し張りのある袋です。

画用紙も袋も同じ大きさ、例えばA4とかで揃えたりすると作業が楽です。

100円ショップでも売っているかもしれません。とにかく安い。

あと、余ってもちょっとしたことに使えそうですよね。

お友達へのプレゼント入れたり、フリマサイトで商品送ったり。


 

もっとしっかりしたフィルムで作りたい場合はOHPフィルムをおすすめします。

インクジェット用も売っていますので、マジックペンのインクののりも良いです。

OPP袋はしわくちゃになりやすいのが難点ですが、OHPフィルムなら、その点かなり丈夫です。パソコンで描いたり編集したりしたものを印刷することもできます。


 

 

作り方

①私はOPPで節約コース。OPP袋をサイド一辺を残し、カットします。画用紙と大きさが違う場合は揃えて切ると良し。

 

②OPP袋から切り出したフィルムに黒画用紙を挟み込み、閉じている方をホッチキスで止めます。

こうすることで両面フィルムをめくって使えます。片面だけでいい人は、①の段階で完全に切り離して袋を2枚に分けるといいです。

 

③下書きが必要なら下書きをした白い紙を。下書きなしなら白紙を挟みます。

透明のマジックペン、マッキーやプロッキーで絵を描きます。

 

できるだけたくさん描き込むのがおすすめ。

 

テーマを決めて書くといいですね。

・海のいきもの

・森のいきもの

・お化け屋敷

・スケルト

などなど。

 

④ライトつきの懐中電灯を作ります。サイズはA5の紙縦長。

色も塗るとリアリティが出て良いです。

絵が描けたら切り出します。

ちょうど高さが揃うくらいにできました。

早速差し込んで遊んでみましょう。

どんな動物がいるかな?と探しながら遊ぶのが楽しいですよ。

 

 

え!?宇宙人!?

 

 

 

 

いかがでしたか?

想像力溢れるアイデアで楽しんでくださいね。

 

 

もう国に帰ろうかな…と思うぐらいの小1の壁と言葉の壁。

ふとしたことで、新一年生になるお子さんを持つアフリカ系外国籍のお母さんと話すことがありまして、その時のことをちょっと書き残しておこうかなと思います。

 

介護職のパートで働くお母さんは、勧められるがまま地方から東京の職場に転勤してきたそうで、何もかも斡旋されるがまま動いていたら、身の丈よりも家賃の高い部屋に住むことになっていて、地方で貯めたお金も切り崩しながら子育てをする日々。夫は北アメリカに住んでいて離婚はしていないものの経済的な援助もなく、シングルマザーとして生きているそうです。夫に養育費を求めないのは文化的なものなのか、個人的なポリシーなのかわからなかったけど、この説明はいろんな支援を受ける上で難しそう…。

 

彼女と出会ったのは入学を控え、3月も後半に入った頃。住んでいる所より、職場に近い保育園を選んだことで、小学校に関する情報が入りにくく、同じ小学校に進学するママ友もいないようで、学童の申し込みも区役所の人(多分こども家庭支援センター)に助けてもらいながらやったものの、大事な締め切りを一つ逃したそうで待機になってしまったそうです。

 

うーん、母国語でないのに、あの難しい書類を揃えるなんて厳しすぎるよね!

 

そして、こどもが小学校の放課後をどう過ごせば良いかわからなくて、「仕事を何日も休まないといけない。もう国に帰りたくなってきた。」と、泣きそうになっていました。

そうそう、春休みあるし、しばらく給食もないし、早く帰ってくるもんね…。

 

全児童対応の放課後支援も待機になったと思っているようだったので、何か齟齬があったのではないかと思います。言葉の壁もあるし。学校の校舎内に活動拠点がある場合って民間委託の職員が学童と放課後支援と両方掛け持ちしていることが多いから、説明が混乱するんじゃないかと思います。全児童対応で入れないってことはないはず。

日本人でもわけわからん!と思うのに、学童と放課後がほぼ同じ場所にあるのに違うシステムで、値段も違うとかどうやって日本語が母語じゃない人が理解できる?!

 

このお母さんは、基本的な日常会話はできるけど、専門用語がたくさん出てくる学童などの話は難しいと思うし、学校だって自分の国とはシステムが違うだろうし、日本のこどもたちがどうやって自力で学校に行って帰ってくるのかも理解できないと思ったので、3月末にパニックになったお母さんに伝えたことリスト。英語は得意だと言うので、英語で伝えました。

 

・(存在を知らないと言うので)近所の児童館に行きましょう。

・放課後の過ごし方について、館長に相談する。こどもが遊びに行くから顔覚えてもらおう!

・多分、全児童対応の放課後支援のことをちゃんと詳しく教えてくれる。申し込もう!

・児童館は大人の見守りの中で遊べる安心な場所。連絡先を登録しておく。

・自宅、学校、児童館の3つはこどもが自力で移動できるよう入学まで練習する!

 

私が育った場所は、児童館がなかったので、東京はすごいな〜と思います。

児童館で遊んでくれたら、ちょっと安心ですよね。怪我したりしたら電話くれると思うし!

 

子育てのことや、子どもの学外のことで悩みがあったら、子ども家庭支援センターに相談してみてほしい。もっと身近なところに児童館があったら児童館の職員さんにも相談できると思います。子ども家庭支援センターを紹介されるかもだけど。

もちろん学校の先生に相談するという方もいると思うけれど、学校の先生ができることは限界があるので、他に相談できる場所を見つけておくといいですね。

 

子どもにとっても、親にとってもドキドキの新学年。

環境の変化にトラブルや悩みも出てくると思いますが、いろんな人を頼りながら頑張って乗り越えていってほしいです。

 

悩んでいた例のお母さんから、入学式の写真が送られてきました。

詳しくはわからないけれど、なんとかなったっぽい。

良かった!おめでとう!

簡単手づくりイースターエッグ・羊毛フェルト

 

あいかわらずイースターのことはよくわかっていないのですが、うさぎやたまごのモチーフが可愛くて、何か飾りたくなる季節です。

イースターの日は毎年変わるので、ぼんやりしていたら「え?明後日?」みたいなことになっているのです。(2023年は4月9日なのだそうです。)

 

これまで、なんとか素敵なエッグを作りたくて何日もかけて思考錯誤していました。

www.ma-naru.com

 

www.ma-naru.com

とにかく卵型に絵を描いたりするのが難しい。丸いものに絵を描くなんて世の中のイースターエッグアーティストたちはすごい技術を持っているんだな、とやってみるとわかります。

 

今回は簡単に!短時間で!子どもでも作れる!エッグを作ってみたいと思います。

羊毛フェルトで簡単イースターエッグ作りです!

春の工作やアートのアイデアにぴったり〜。

 

用意するもの

羊毛フェルト

・バットや洗面器など

・中性洗剤

・ぬるま湯

羊毛フェルトは手芸店などで、いろんな色が売っています。

いくつか作るならカラフルなアソートがおすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フェルト羊毛 アクレーヌ 10色セット フェルト
価格:700円(税込、送料別) (2023/4/7時点)


 

 


 

 

100円ショップのキットで売っているものでもOKですよ。

 

羊毛フェルトイースターエッグ・作り方

アソートで売っているものはだいたい一つのかたまりが2〜10gになっているものが多いようです。

これは10g

 

5〜10gくらいの量でベースになる量を準備します。お好みの大きさで。

今回は、2色合わせてみました。

 

買った時のままだと羊毛が固まっているので、広げていくような感じでほぐします。

 

ほぐした羊毛をふんわり丸めます。

 

手のひらにこんもり乗るぐらい。

 

少し色を足したい時は、差し色の羊毛を載せるように置きます。

 

使っていない洗剤ボトルなどにぬるま湯と中性洗剤を数滴入れ混ぜておきます。

バットや洗面器などに丸めた羊毛フェルトを置いて、洗剤のうすめ液を軽く回しかけます。

 

ここからは素早く手のひらでコロコロ!

なるべく表面をこするようなイメージで!

 

卵型になるように形を整えながら、しっかり表面の羊毛が絡まり合うようにこすります。

あたたかいあわあわでどろだんご作るみたいな楽しさがあります。とっても気持ちいい〜。

 

形が固まってきたら成功です!

 

お水で洗って乾かしましょう。

 

完成!カラフルでかわいいエッグの出来上がりです。何個か作ると飾る時にかわいいですよね。

 

フェルトでできているので、リボンを縫い付けることもできます。

簡単にぶら下げて飾ることもできるので、本物の卵の殻を使ったエッグよりもお手軽かも!?

 

 

イースターエッグ関連記事はこちらもぜひご覧くださいませ〜。

 

www.ma-naru.com

 

www.ma-naru.com

 

www.ma-naru.com